2020年09月26日

恋愛バブル

NHKで再放送された2001年の番組
「ベートーヴェン 謎(なぞ)の恋人〜楽聖を変えたボヘミアの夏〜」を拝見。
ベートーヴェンが「不滅の恋人(Unsterbliche Geliebte)」と呼んだ女性へのラブレーターが、
なかなか情熱的で、やはりあれだけの交響曲を創作するには、燃え滾るような熱情が必要のよう。

さて、その再放送に際し、
早稲田大学で恋愛学を専門とする森川友義先生が出演されており、
ベートーヴェンの恋愛を、「恋愛バブル」と称し、面白いことを提示しておられた。

≪恋愛バブル≫
・「永遠」に愛せると思わせる感情
・相手を美化する
・適度なハードルがあると激しくなる傾向
・通常は1.5から2年でドキドキ感は消滅

なるほど。
バブルは泡なので、はじけるってことですね。

結局 ベートーヴェンは生涯独身を貫いたので、
もしかしたらバブルははじけずに、本当に「永遠」で不滅の恋人(Unsterbliche Geliebte)だったかもしれない。

最近、不滅ってよく聞くなと思ったら、あれは「鬼滅」か!(鬼滅の刃ね)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。