2017年04月17日

噂の豊洲

日曜日の昼下がり。
座りっぱなしは腰に悪い。
そこで、老夫婦、どこかに買い物がてら散歩に行こうと、
イオンの送迎バスに乗りイオンへ。
行って、タッチして、すぐ帰ったという感じでしたが、バスの車窓から噂の建物を拝見。

これが噂の豊洲市場予定建物らしい。
IMG_3651.JPG

そして、いよいよオリンピックの選手村が建ち始めました。
IMG_3653.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

インスタントコーヒーはあまり好きではないが、これは美味しい

先日GODIVAショップでお礼の品を選んでいると、
横の棚にヘーゼルナッツのコーヒーを発見。
買おうかどうか悩んで、買わず。

ずっと気になりながら過ごしていると、
別のお店でインスタントのヘーゼルナッツのコーヒーを発見。

これ、非常に安価ながら、おいしい。
IMG_3654.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代替品

お気に入りだったパン屋さん、タンプルタンが閉店したことは、以前書いた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/448729136.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/438268477.html

あのピーナッツクリームコロネは本当に絶品だった。
どこかに類似品はないかと、伊勢丹の地下を闊歩していたら、
木村屋にあるではないか!
早速購入。

IMG_3648.JPG

結論。
パン生地はそん色ない、いい勝負。
ただ、クリームの量が木村屋は上品。
タンブルタンの持つとクリームがあふれ出る感は、ない。

大量生産するパンと、個人店で数個作るパンとの違いだろう。
もちろん、木村屋のそれは、十分おいしいのですよ!!!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祖師谷大蔵

経営戦略学会に参加するために日本大学へ。
祖師ヶ谷大蔵の駅で降りましたが、ここは
映画「スプリングハズカム」で親子が住まいを探した街であることに気づきました。
http://bouchukan.seesaa.net/article/447483494.html

そういえば、この映画を見ている最中に母から着信があり、
鑑賞後に電話をしたら、
「お父さんの手術はしないことに決めたからね」ということでした。

広島から東京に出てきた親子の映画鑑賞時に、
地元広島の親からの、父の命のカウントダウンが始まったという電話があったということに
なんともいえない想いを抱えながら、渋谷の街から帰ったのでした。

といったことを思いだしながら、
かつウルトラマン商店街を楽しみながら、いざ日本大学へ。
途中の道では赤い花をたわわに咲かせた家もあり。
IMG_3644.JPG

日本大学のキャンパスは、噴水もあって、なんと美しく豪華なことか!
IMG_3645.JPG

仲良しのK先生のご報告があったので、楽しみに出かけた学会。
K先生の報告をねぎらい、祖師ヶ谷大蔵のバルで乾杯。
IMG_3646.JPG

それにしてもK先生のご報告に、いつもの元気さが無いと思ったら、
気を使って小さな声で報告したらしい。
いやいや、らしくない。
その大きな声が魅力なのですから!
posted by H.A at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

美しくないことによる清々しさ

浅田真央ちゃんが引退とのことで、日本国中が優しい気持ちで、彼女を労っている。
彼女の引き際は、美しいものではなかった。
しかし、本人もブログで書いていたように、その後の苦しさの経験が、清々しさに繋がっているようだ。
そして、ジャンプにこだわり続けた愚直さに、皆が感動を覚えている。

先般亡くなった父の最後は、美しくなかった。
現役時代のきちんとしていた父の姿を想えば、
ここまでして神様は人を生きさせるのかと、
人に死ぬ権利、もしくは死ぬ時期を選ぶ権利があっても、良いのではないかと憤りを覚えるほどだった。

ただ、その父の最後の頑張りは、母に達成感と満足感をもたらせた。
家で看取ることにこだわり続けた母は、それを完遂できたことで、全く後悔が無い。
父がもういないことや、未だ残る気配に寂しさを感じることは今後もあるだろうが、それは仕方ない。

やりきった感は、次に進める。
父は、父が一番大事にしていた母に、私が美しく無いと感じた期間で、この清々しさをプレゼントしたのだと思う。

なので、先日は、
お世話になった方へのお礼の品を買いに出かけたデパートで、
ようやく食欲の出てきた母と、
いろいろな手続きをテキパキとこなした弟と、
ヤイヤイ周囲で言うだけの賑やかし係の私とで、
焼肉。


IMG_3629.JPG
かっかっかっ
きっと父は、ようやくアルコールが飲めると、あちらで喜んで飲んでるはず。
我々もエンジョイせねば!
posted by H.A at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする