2017年09月15日

愚直であること

産官学で構成された自動車のリサイクル研究会。
私も2つに参加させてもらっているが、この会は非常に面白い。
なぜ面白いかというと、手弁当であることが大きい。
再資源化に勤しむ人たちが、本当に何かしたい、何とかしないという思いのみで、
集まっているからだ。

研究会であるから、新しい技術やシステムについて学び、
助成金の公募の情報交換などもしている。
同時に会の人脈をご縁に、相互にビジネスも行っているようだ。

先日も広島で会議があったが、会議はもちろん、移動時も、昼食時も、終了後のちょっと一杯時も、
再資源化に関する話題で、延々と盛り上がる。
静脈産業は派手ではないが、成長産業でもあるし、夢と未来がある。
その日は、朝3時半起き5時に家を出、帰宅は夜の10時とハードな日帰り出張ではあったが、
身体の疲労はあっても、満足感に満ち溢れていて、心地よい。

私はこの研究会で、企業の方や行政の方に質問するばかりだが、
皆親切に教えてくださる。
そこに来ている彼らは企業トップもおられるが、
サラリーマンの方も多く、おそらく社内の出張調整など、
きっと見えないところでご苦労をされているのだと思う。
(目の前の効率性だけ重んじると、当研究会の意義はわからないだろうから、
 そのような上司だと、大変)

さて、会議前後にとある企業の方に個別ヒアリングをしていると、
「うちの社長の口癖は、とにかく愚直であれ」だと言われた。

当研究会も愚直な人ばかり集まっているようだ。
彼らの愚直なビジネスをちゃんと文言で表して、後世に残すことが、
今の私のできること。
愚直に頑張ります。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負の感情

先日のお風呂のこと。
シャンプーのつもりで手に取ったのが、ボディシャンプーだった。
あっという間に、髪の毛がギシギシになり、
シャワーですすげばすすぐほど、指が全く通らなくなった。

そのあと、コンディショナーやらトリートメントやら駆使したが、
翌朝も髪の毛はバリバリだった。

以前も同様のことをした。
http://bouchukan.seesaa.net/article/423887668.html
以前は暑さのせいだったが、今回は考え事をしていたので注意散漫だった。

それも、負の感情(いやだな、面白くないな等)の考え事だったので、
神様が、何をちまちま考えとんねん、と一撃をくださったのだと思う。
お陰様で、負の感情から抜け出すことができた。
posted by H.A at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

現実逃避と気分転換:気分転換の部

自分ですると意思決定したからには、ちゃんとやらねばならぬタスクがある。
なので、私は極力外出を控えている。

しかし、仲良しの友人が仕事で広島から上京したので、
それならと外出した。
いつの間にか、空が高くなっていた。
IMG_5060.JPG

銀座の新名所をぶらぶらしながらトレンドを感じ、
美味しいワインとお酒を散策途中にいただき、
その後、和食屋さんでお食事。

そして極めつけは、椿屋珈琲で宇治金時をオーダー。
以前八重洲口の椿屋珈琲で、同僚が食べていたのが美味しかったので
(その時は、横からガンガンいただいてしまった)
頼んだのだが、銀座のそれは氷が荒くて固い、歯茎に響く。
IMG_5065.JPG

やはり、夏は終わったと自分でピリオドを打ちながら、
宇治金時をオーダーしたので、神様がお笑いになったのだろう。
そういえば、この夏最後のスイカとピリオドを打ちながら、
後日スーパーでまた買ってしまったスイカも美味しくなかった。

過ぎ去った季節を追いかけては、未練の味がして美味しくないのだろう。
秋をエンジョイ。
IMG_5070.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実逃避と気分転換:現実逃避の部

自分ですると意思決定したからには、ちゃんとやらねばならぬタスクがある。
なので、私はパソコンの前に座って、悶えている。
筆が走らないのだ。
そもそも、パソコンで筆が走るという諺を使ってよいものか否かわからないが。

とにかく仕事が捗らないので、お水を飲んだり、コーヒーを淹れたり、
そしたらトイレの回数も多くなり、
より集中できなくて、眉間のしわは深くなり、の悪循環。
極めつけは、最近大好きなネットフリックスをつけてしまった大バカ者よ(私ね)。

テラスハウスのハワイ版が終わってしまって寂しいので、
ひとつ前の東京版の未試聴だった数回をまとめて観てしまうという荒業をしてしまった。
愚かなこと、この上ない。

しかしながら、やはりテラスハウスは最高の番組だ。
若者の恋のあれこれが、キュンキュンする。

女子医大生が、元カレが忘れられなくて、呼び出して、
でも「やり直す気はみじんもない」と言われた時の恋の終わりは、
辛いねえ。

また、今一つ煮え切らない男子へのオムライスに書いた「いくじなし」メッセージは
何度見ても最高。
http://bouchukan.seesaa.net/article/433456579.html

ほんと、私もあそこに居たい。



いえ、テラスハウスにではありませんよ。
その様子を見てやんややんやと言っているYOUさんや山里さんたちのあのスタジオです。

それにしても改めてみたテラスハウス、
私が非常勤で教えに行っている大学生が出てたり、
その彼が野球部だったり、
気づくと、我が娘と同じ年の子だったり、
複雑・・・でもあるそんな 現実逃避。
posted by H.A at 10:33| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

男の勘

朝ドラ「ひよっこ」も最終回が近づいてきた。
朝ドラ見ている人とは、その談義で盛り上がるのだが、
「ひよっこ」が始まった頃、主人公は誰とラブロマンスがあるだろうか、ということが
議題に上がった。

勤務先の学部長のF先生は、洋食屋のヒデではないかかと、おっしゃっていた。
それに対し、私は「同じ職場で近すぎて、安直すぎませんか」と反対の意見を主張していた。
同じアパートの大学生も候補であったが、
仲良しのH先生は「身分が違うよね」と分析されていた。
私は「同郷のおまわりさんかな」と考えていた。

結果。
・おまわりさんとは、何にもない
・大学生とは付き合ったが、身分違いで恋終了
・最終回を控えた今は、洋食屋のヒデといい感じ

私の勘は全く当たらず。
男の勘 に軍配。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする