2018年09月12日

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
(2017)西原 理恵子 角川書店

愛読している同世代の方(見知らぬ人)のブログで
絶賛していたので、その方自身も娘に勧めたと書いてあったので、
それは読んでみようと購入。

IMG_7948.JPG

西原氏は、漫画家で、キョンキョンで映画化された「毎日かあさん」などが有名。
今は、高須クリニック創業者で東京院院長の高須克弥氏と「パートナー」とのこと。

西原氏は、お父様もお金に困り、お母さまに流血するほどの手をあげ、
オットも酒乱でひどい目にあっている。
にもかかわらず、がんになった元オットを看取ってる。

そうした壮絶な人生を過ごして同氏が、
女子も一人で生きることができるように働け、頑張れ、と
女子にメッセージを贈るという本。

したがって、私のようにずっと働いてきたものとしては、
なにを当たり前のことを?という感じがある。
(すみません、上から目線で)

そもそも、なぜ暴力をふるう人と一緒にいるのか?
そうした人となぜ結婚したのか?
という疑問が生まれるが、
女子は「バカ男、ダメ男、ワル男」が好きなので、
仕方ないと、だからこそ、自分で稼ぐ力をつけよ、とも解釈できる。
http://bouchukan.seesaa.net/article/77046615.html

というので、帯に書いてあるような、
「女子の新バイブル」の文言には疑問を覚えるのだ。

ただ、オットや仕事(するかしないかも含めて)は自分で選ぶことができるが、
人間は親を選べない。
この宿命は不条理この上ないと思う。

大学進学時に父親が命を絶ったという
人生のスタート時に衝撃の経験をした西原氏と比べれば、
凡庸に生きてきた私などは、あまちゃんともいえる。

よって、同書の行間に見え隠れする
西原氏の頑張りと、子育てする親としての心構えと、生き抜く覚悟のようなものは、
実は表紙の絵よりは、もっと厳しいものだろう。
posted by H.A at 08:26| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

初みかん

季節が流れます。
2018秋 初みかん。

IMG_7938.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ドラマ「この世界の片隅に」1945年8月6日のその後

TBSドラマ「この世界の片隅に」、いよいよ次回が最終回。
http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

前回は広島県は呉市を舞台にした話の中で、
隣接する広島市に新型爆弾が落ちたらしいが、よくわからなくて大変だ、
というこもごもが描かれていた。

呉市で生まれ育った私の父は、当時7歳。
原爆が落ちた翌日に、両親と広島市内に入った。
広島市内にいたはずの、一回り年の離れた姉を探すために。

呉駅から広島駅まで、今は電車で50分。

当時はもっと時間を要しただろうが、
8月6日の次の日は、当然そうした混乱で、列車は動かなかったらしい。
呉市から広島市の近くまで船で移動して、そこから随分歩いて広島入りしたとのこと。

幸いに父の姉(私にとっては伯母だが)は、
靴ひもを結ぶのにしゃがんでいて、壁の陰になり、
無事で、会えたらしい。
一緒にいたご友人は、お気の毒なことになったらしい。

広島市内に父の両親(私にとっては祖父母だが)が、娘を探しに行くことを決めた時、
近所の人は、7歳の父を、何が起きたかわからないところに一緒に連れて行くのはやめたほうが良いと、
置いて行けと、止めたそうだ。
祖父母は、何かあったら家族一緒に、と考え、三人で広島市内入りしたとのこと。

ドラマ「この世界の片隅に」を観ていると、
その時の祖父母の覚悟が推測される。

のんきに暮らしている我々には、想像すらできない覚悟であろう。

この話を父から聞いたのは、実は、父が亡くなる1年前。
ついこの間のことだ。

なぜか戦争の話は、父はしなかったし、私も尋ねなかった。
年老いた父は「広島市内はすごいことになっていた」とだけ言った。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルの中に大正時代の建物を見つけて

虎の門ヒルズから日比谷方面に歩いた。
横断歩道を渡っていると、ビル群の中に、
昔風の建物発見。
なんだあれは?気になる。

IMG_7934.JPG

というので、横断歩道を引き返し、その建物の前へ。

IMG_7932.JPG


お蕎麦屋さん 虎ノ門大阪屋砂場♪
http://www.kibati-kai.net/02kamei/kameiten/toranomon_sunaba/index.html

お蕎麦屋さんの砂場って気になっていたのです。
おそらく昼時間は並び列があるのだろうけど、
おやつの時間なので、お客も少ない。

よって、迷わずイン。

IMG_7929.JPG


お店の方に、
お腹はすいてないのです、
でも食べたいのです、
こちらの一番をお願いします。
ということで普通のお蕎麦。

IMG_7930.JPG


お蕎麦というのは、こんなに美味しいものだったのですね。
私の味覚のお蕎麦の認識、大変革。

加えて、蕎麦湯。
IMG_7931.JPG

西日本ではお蕎麦より、おうどん文化。
よってお蕎麦もあまり食べないし、蕎麦湯をいただくという機会があまりなく、
その意味がよくわからなかったのだけれど、
蕎麦湯というのは、こんなに美味しいものなのだと、
私の味覚の蕎麦湯の認識、大変革。


以上、仕事帰りの移動散歩で、日本文化を満喫。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎ノ門ヒルズ通り抜け

〇〇ヒルズといった名前のビルは、六本木にも青山にもある。
広島の本通りに、本通りヒルズができた時は、その勇気に拍手した。
虎の門ヒルズというビルには美味しそうなレストランがいくつかあって、
気になっていたのだが、行ったことが無かった。

赤坂のオフィスで打ち合わせを済ませた後、
溜息山王駅が一番近いですよ、と言われながらも、
後の動きのことを考えて、日比谷あたりまで歩くことにした。

赤坂から日比谷めざして散歩だ。
スマホのマップを頼りに、キョロキョロしながら歩く。

と、ややや、これか虎の門ヒルズは!!!
IMG_7924.JPG


せっかくなので、エスカレーターを上り、
ビルのふもとからビルを見上げ、
中には入らず、その横のガーデンを通り抜け。

IMG_7926.JPG


座り心地のよさそうな椅子がいくつもあって、
何人かの方が、くつろいでおられた。
寝たり、コーヒーを飲んだり、だべったり。
豊かな空間の上手な使い方。

私は、そのまま虎の門ヒルズエリアを通り抜け。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする