2018年05月16日

インスタ映えしないマック森永ミルクキャラメル

発売前より気になっていたマックシェイクの森永ミルクキャラメル味。

IMG_7097.PNG

早速買いに行って、美味しかった。
美味しかったけど、


















カップが残念。
バニラと同じやん。

IMG_7096.JPG
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

睡眠の力

昨夜、悩み事が二つあった。
どうしたものかと考えあぐね、どなたかに相談をし、
なにがしかの示唆をいただきたいものだと、
ウジウジと悩んでいた。

一晩寝て、朝起きたら、
悩み事の二つ目が思い出せない。
かつ、一つ目も大したことではないと思えてきた。

所詮、私の悩み事など生死に関わるものでもなく、
取るに足りないものだということだ。
それに気づかせてくれる睡眠の力というのは絶対だ。
posted by H.A at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ER救急救命室こもごも

私が人生の師と、勝手に尊敬している某先生は、
ドラマの質は、日本よりもアメリカのほうが格段に高いとおっしゃていました。
なるほど。
アメリカドラマは多々あり、いくつか私も見てきたが、中でも一番好きなのは、
ER救急救命室。

『ER緊急救命室』とは、アメリカはNBCのテレビドラマシリーズ。
1994年9月9日から2009年4月2日にかけて331エピソードが放送された@アメリカ、とのこと。
日本でも遅れて、NHKBSなどで放送された。
この度、改めてネットフリックスで、ちゃんと観ていなかった最後のあたりも含め全鑑賞。

アメリカドラマの質の高さを、まざまざと見せつけられます。

まずは、テーマ設定の壮大なこと。
医療の絶対的必要性、コストとの折り合い、制度の問題、
制度があっても活用しない人、非合法的な在留のため活用できない人、
国家間格差、医療従事者の不足、など
多様な社会問題が、ドラマの中で考えさせられます。

次に15年にわたるドラマなので、その中での登場人物の成長を
十分に味わえます。
医学生だった人物が、ベテランドクターとなり、ER全体の運用や、後輩の指導、をするなど成長する。
このキャリア面での成長過程は、勉強になります。
目の前の仕事をこなすことで精いっぱいの若い時から、
全体を見渡してマネジメントする立場になった時の葛藤など、
皆が味わう苦労でしょう。

同時に登場人物は恋愛して、失恋した理、別れを切り出したり、
結婚したり、子どもを授かったり、授かったけど残念な結果になったり。
赤ちゃんの時は子育てで大変で、思春期になると、別な意味でもっと大変で。
これも、共感し涙しながら見るわけです。

最終シリーズのシーズン15は、すでにERを去った人たちが、
過去を反芻する場面や、他病院での仕事場という形で出てきて、
ERを観ながら、共に医療に携わっている気になっているため、感激もひとしお。
特にグリーン先生の登場は、鳥肌モノです。

最終回もよかったなーーー。
こうしてERを観終わって、一つ大きな仕事を成し遂げた感を味わっているわけです。
ここまで没頭したので、私は来世は、アメリカでドクターになっているかもしれません。


日本のテレビ局にも、これくらい見ごたえがあるドラマを作っていただきたい!
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

映画『孤狼の血』鑑賞

楽しみにしていた映画『孤狼の血』、鑑賞しました。
http://www.korou.jp/

二時間、あっという間。
映画のHP曰く
「決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。」
があるのです。
ビビリなので暴力シーンはずっと目をつぶっていました。
しかし、単なるやくざ映画と思っては底が浅い。
「正義とは何か?」が問われるしし、話も面白い。

懐かしい呉の街を舞台に、広島弁で話されるので、その分特に私は感慨深いのですが、
出身地関係なくオススメ映画です。



ところで、この映画、
封切の初日、豊洲のららぽーとに一人で鑑賞しに行ったのですが、
若いファミリーの多い豊洲のような健全な街で、『孤狼の血』を観るのは、
ちょっと場を間違えたかもしれません。
場末の映画館で観るほうが、映画の世界に浸れたと思われます。

ちなみに天気の良い土曜日の午前中に、同映画を見に来ている人はどんな人かというと、
多くは男性おひとり様。
わずかに男女ペア。
私のような女性お一人様も、2,3人いました(笑)

男女関係なくおひとり様同士、あらあなたも観に来たの?的な、
同志のような気持がしたのは私だけでしょうか。

この映画は、コーヒーよりはビールが合うと、あえての昼間っからビール。
IMG_7070.JPG

鑑賞後、映画の世界に浸りながら外に出ると、こんなに良い天気。
平和でよかった。
IMG_7072.JPG
posted by H.A at 20:44| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本屋さんでアルバイト

飲食業界でアルバイトをする学生が多い中で、
時給が安くても本屋でアルバイトをしたかったというゼミ生。

彼が先日、
「先生、『学生島耕作 就職』の第二巻が出ました」
と教えてくれました。
(講義で、よく島耕作の漫画のはなしをするので)

早速、買いに行きました。
その彼がアルバイトをしている本屋さんへ。
私の顔を見て、「来てくれたんですね」とびっくりしてました。

てきぱき働いている彼の背中が、頼もしかったです。
posted by H.A at 08:43| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする