2020年11月24日

お金を払う価値のあるラインスタンプ

LINEでは、無料のスタンプがあるので、滅多に有料スタンプを購入しないのだけれど、
これは購入。
私が買わなくて、だれが買う!?

韓国ドラマ「愛の不時着」のリ・ジョンヒョクさん。
演じてるのはヒョンビンさん。

IMG_0241.JPG

今後、多様します。



あ、ちなみに100コイン、これはライン通貨なので、100円ではない。
250円。
なんか、だまされた感はあります。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

干し柿

メルカリで購入したお野菜に 干し柿が入っていた。
先般の大河ドラマ「麒麟がくる」で、
徳川家康(風間俊介さんね)が幼少期に、“干し柿”を百姓に変装した明智光秀(長谷川博己さんね)からもらった思い出を話す場面があった。

今は辛くても、時の流れで人も状況も変わるから、辛抱せよ、のようなセリフとともに
渡された干し柿だった。
良いことも悪いことも、変化する、ね。

IMG_0141.JPG

干し柿なんて、食べたのは15年ぶりくらいか!
美味しゅうございました。
posted by H.A at 20:43| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

今期、イチオシドラマ「極主婦道」

いよいよ、ドラマと映画紹介ブログになってきましたが、
今期、イチオシドラマは日テレの「極主婦道」

気にしてなかったのですが、玉木宏さんが大好きなので、TVerで観たらはまりました。
TVerには過去の回の短縮版もあるんので、今からでも追いつけます。


玉木宏さんと滝藤 賢一さんの極道っぷりは笑える。
かつ稲森 いずみさんの、姉御っぷりはさすが。

とにかく、おススメ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 08:50| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

大往生といふもの

1985年に放送されたNHK朝ドラの再放送「澪つくし」を、毎朝楽しみに見ている。
脚本はジェームス三木さんとのことで、繊細で骨太なストーリーで、楽しめる。

時代は大正時代末期から第二次世界大戦後にかけて、
場所は、“陸(おか)者”と“海者”が対立する漁港の町、千葉県銚子市を舞台、
主役は、しょうゆ醸造を家業とする旧家の娘・かをる(沢口靖子)と、網元の長男(川野太郎)。
桜田淳子さんも姉役で出ている。

さて、今日の同番組、網元の知り合いが亡くなって云々のくだり。
74歳で大往生だったから寂しくはないよ、のような会話。
20世紀初めは70代で大往生と言われたということだ。

明日夜から始まるアメリカ大統領選挙、候補者は二人とも70代。
菅義偉さんも70代。
いかに人間が長く長く生きているかがよくわかる。

他方で中国では一人っ子政策が、1979年から2015年までとられたのだから、
矛盾を感じる。



広島時代に、姉さん的存在だった人に人生の目的を尋ねた際に、
「いつ死んでもよいと思って生きている」と言っていたことが思いだされた。
何歳でこの世を去ることになっても、悔いなしと思えることこそ、
大往生なのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

非家系

朝ドラ「エール」で、お兄さんが軍人からラーメン屋さんになった。
新しく始まったテレ朝のドラマ「七人の秘書」では、
ラーメン屋をホームとして、話が展開する。

ラーメンを食べるシーンを何度も目にし、なんとも美味しそうで仕方がない。
というので、ラーメンを食べにGO。
仕事帰りで疲れていたので、近所の気になっていたラーメン屋さんへ。

ただ、そこが「家系風」のラーメンのこと。
ガーン。

我が家族は家系が得意ではない。
胃が弱いので、心身が家系ラーメンの強力こってりと太麺に負けるのだ。

しかし、そこはさすが「家系風」。
普通の「中華そば風」もあった。
これなら「あっさり風」だろう。

IMG_0042.JPG

おかげさまで「テレビに出てきた風」なラーメンをいただき、満足。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

恋愛バブル

NHKで再放送された2001年の番組
「ベートーヴェン 謎(なぞ)の恋人〜楽聖を変えたボヘミアの夏〜」を拝見。
ベートーヴェンが「不滅の恋人(Unsterbliche Geliebte)」と呼んだ女性へのラブレーターが、
なかなか情熱的で、やはりあれだけの交響曲を創作するには、燃え滾るような熱情が必要のよう。

さて、その再放送に際し、
早稲田大学で恋愛学を専門とする森川友義先生が出演されており、
ベートーヴェンの恋愛を、「恋愛バブル」と称し、面白いことを提示しておられた。

≪恋愛バブル≫
・「永遠」に愛せると思わせる感情
・相手を美化する
・適度なハードルがあると激しくなる傾向
・通常は1.5から2年でドキドキ感は消滅

なるほど。
バブルは泡なので、はじけるってことですね。

結局 ベートーヴェンは生涯独身を貫いたので、
もしかしたらバブルははじけずに、本当に「永遠」で不滅の恋人(Unsterbliche Geliebte)だったかもしれない。

最近、不滅ってよく聞くなと思ったら、あれは「鬼滅」か!(鬼滅の刃ね)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

「あすなろ白書」の掛居 保君

TBSドラマ「半沢直樹」で、筒井道隆さんが、
悪役のタスクフォースの乃原 正太役を演じているのを見ると悲しくなる。

皆さんは 、筒井道隆さんが「あすなろ白書」で掛居 保を演じ、
主役の相手役を張っていたのをご記憶か。
(調べると1993年)
この時、キムタクは二番手、三番手役だったのよ。

ちなみに「あすなろ白書」とは、「東京ラブストーリー」と同じ、
柴門ふみさんが原作漫画。

テレビドラマでは学生時代のみで終わったが、
「あすなろ白書第二部」が漫画にはあり、
社会人になってからのこもごもが描かれている。
この第二部が良い。

「東京ラブストーリー」は、リカがエキセントリックすぎて、私には理解できない。
他方「あすなろ白書」は、なるみが普通の女性なのが共感できる。
普通の女性とは、恋をするとバカになるという意味。
その恋に溺れる感じが、さすが柴門ふみさんの真骨頂。

で、筒井道隆さんは学生時代しか演じてないのだけど、
「あすなろ白書第二部」の社会人編のマンガを読みながら、
私の脳内では、掛居 保君は彼に変換される。
よって「半沢直樹」は悲しいのだ。

掛居 保君は、漫画内では、東大を落ち、悩んだ末に京大に進み、
コンサル会社か何かに入り、いろいろあって
そして大学教員になる。

なるみは、勤務先の会社の社長と不適切な関係にあったが、
結局、すったもんだの挙句に掛居 保君を選ぶ。
その時、社長が放った一言が最高。

「大学教員は給料少ないぞ、いいのか」

給料の少ない大学教員でございます。

ご興味のある方、「あすなろ白書」の漫画、第二部ともどもお貸ししますよ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

ウガンダ ルウェンゾリ キシンガ

楽しみに、かつ泣きながら観ていたNHK朝ドラ再放送「はね駒」が終わりました。
しつこいですが、小林稔侍さんと樹木希林さんのお父さんお母さん役が、最高でした。
若き日の斉藤由貴ちゃんは可愛いし、渡辺謙さんのかっこいいこと。
いぶし銀のイケメンとでも言いましょうか。

さて、同ドラマは明治大正を生きた女性初新聞記者さんがモデルらしい。
よってモデルのお父さん(小林稔侍さん演じる)は、江戸明治大正を生きた人となります。
福島から一念発起して東京に移り住んだというストーリーなのですが、
お父さんはハイカラな息子の依頼でコーヒーショップを営みます。

調べるに、日本にコーヒーが入ってきて普及し始めたのはその頃。
(江戸時代は長崎で少し飲まれていたようですが)

武骨で生真面目なお父さんの煎れるコーヒーの美味しそうなこと。
「愛の不時着」でヒョンビンさん演じるリ・ジョンヒョクさんが
豆から煎ってコーヒーを淹れてくれたことが、思い出されます。

ちなみに、私が三日に一回100グラムずつ買いに行くお気に入りのコーヒーは
ウガンダ ルウェンゾリ キシンガ。

上手く表現できませんが一口飲んだ後
鼻の奥に感じられる香りが好きなのです。
posted by H.A at 08:25| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

2020晩夏のドラマ

2020晩夏のドラマは終わりつつありますが、
実は、あまり話題に上らなかったように感じられる、
竜の道」好きでした。

玉木宏さんと高橋一生さんのW主演。
目の保養にもなりますが、
お二人の演技はうまくて(すみません上から目線で)、
どろどろストーリーも楽しめ、
ラストシーンもウルウルしながら楽しませてもらいました。

反対に、巷で高評価だったように感じられたTBSの「私の家政夫ナギサさん」
これは私的には今一つ。
最低限の家事ができない人が仕事ができるわけない、
と思うからです。
この発言は我が首を絞める発言かもしれません・・・

なんだかんだ言いながら、
秀逸はNHK朝ドラ再放送の「はね駒」であることは間違いありません。
小林稔侍さんと樹木希林さんのお父さんお母さん役が、最高でした。


posted by H.A at 07:52| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

イムジン河

数年前のこと、大学院関連の集いでカラオケに行った際、
指導教授が「イムジン河」という歌を歌われた。
初めて聴く曲で、その時はよくわからなかった。

とこの前、今や相棒のようなNHKで、
「アナザーストーリーズ 選『時代に翻弄された歌 イムジン河』」があり、
韓国ドラマの沼に落ちている私は鑑賞。

なるほど。
・イムジン河とは南北を分かつあたりにある川だということ
・日本でザ・フォーク・クルセダーズの謳うレコード イムジン河が
 鮮総連から抗議が入り1968年に発売中止となったこと
・その後いろいろあって発売されたこと

などがわかった。

「愛の不時着」オシの私は、イムジン河の歌詞に想いを馳せつつ、
38度線の南側にある韓国と北側にある北朝鮮が統一されることを、
願ってます。

そして、今後指導教授とカラオケに行く機会があれば
「イムジン河」を合唱したいものです。
posted by H.A at 20:39| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

NHK「瀬戸内寂聴の東北青空説法」

NHKBSの番組をチェックして見つけた瀬戸内寂聴さん。
大震災で被害にあった東北を訪問して、
地元の方と触れ合う、という2011年の番組の「瀬戸内寂聴の東北青空説法」。

選ばれし人なのだと思うけれども、
声を聴いているだけで、テレビの前の私も涙が出る。
なんで?

徳島出身で、結婚したり、恋をしたり、離婚したりといろいろあって、
50代に得度、京都で寂庵を開かれたり、東北のお寺を復興なさったりと
これまた精力的に活動。
もちろん執筆活動も。
私も数十年前は、彼女の小説を貪るように読んだものです。

一つ自慢をさせていただけば、
(滅多に自慢できることが無いので、ご容赦を)
企業に勤務時代の1998年、
実は仕事で寂聴さんにお逢いしております。
非常に小柄な方でした。

寂聴さんは、2020年現在で98歳。
コロナ等にお気をつけて、お過ごしいただきたいものです。

posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

再びの「凪のお暇」

昨夏、はまったTBSドラマ「凪のお暇」。
http://bouchukan.seesaa.net/article/468304347.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/470354403.html

アマゾンプライムで観れるので、再鑑賞。
夏に相応しい夏のドラマであり、
これは、韓国ドラマに負けません!

凪ちゃんのように育ててみましょう、豆苗。

IMG_5627.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

「母をたずねて三千里」は移民の話だったのね

【ネタバレあります】

8/17NHK BSプレミアムで、シネマ「世界名作劇場・完結版 母をたずねて三千里」鑑賞。


調べるに、1976年1月4日から12月26日まで、
フジテレビで毎週日曜に放送されていたらしい。
幼い頃、なかなかお母さんに逢えないな、大丈夫なのかなと
思った記憶がある。
といっても昭和の時代、テレビが私の思うがままになるはずもなく、
途切れ途切れにしか観ていなかったであろう。

改めて大人になって知るに、これはイタリアから南米に渡った移民の話だ。
お母さんからの連絡が途絶えたので、幼いマルコが、一人移民船に乗って
海を渡るという。

それにしても2時間にまとまっていてよかった。
毎週だと、何とか見つけて行く先々でお母さんがいない、とか、
幼い子が一人で、寒いとかひもじいとか、靴が破けて足が痛いとか、
可愛そうで可哀そうで、観るに堪えられない。

ハッピーエンドでよかったよ。
posted by H.A at 21:37| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

「キスマイ超BUSAIKU!?」のHPの充実を望む!

これは大爆笑した。
8/13のフジテレビのKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の番組、
キスマイ超BUSAIKU!?」で、
藤ヶ谷くんが「梨泰院クラス(イテウォンクラス」のパク・ソジュンさんを、

IMG_5561.JPG

玉森くんがTaMatを。

IMG_5562.JPG

よく似てた。

それにしても、彼らのコンサートに初めて行ったのは2010年
2011年にも参戦

私のことはおいておいて、彼らは昨年は初めての紅白歌合戦出場と頑張っている。

だがしかし、今一つ勢いに欠ける気もしないではない。
同番組のHPも、この度確認すると貧相で・・・
肖像権の問題もあるのかな。
Kis-My-Ft2にはもっと活躍してほしい!と、ひっそりと願っています。
posted by H.A at 06:57| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

恩返しだ!

8月9日の夜は、21時から2つの番組を録画予約した。
リアルタイムで観たのはNHKの「渡辺恒雄 戦争と政治〜戦後日本の自画像〜」だったので、
今日は録画していたドラマ「半沢直樹」を鑑賞。

歌舞伎役者たちが大声で罵倒しあうドラマなので、
気の小さい私は、半沢直樹の立場で胃を痛めながら観ており、
勧善懲悪的な昨夜の流れに、泣けました(´;ω;`)ウゥゥ

中野渡頭取の言葉。
「どんな場所であっても、また大銀行の看板を失っても輝く人材こそ本物だ」

IMG_5532.JPG


そして、出向先の証券会社から東京中央銀行に戻ることが決まった半沢直樹の言葉。
「自分の仕事にプライドを持って、
 日々奮闘し達成感を得ている日とのことを
 本当の勝ち組というんじゃないかと俺は思う」

IMG_5533.JPG

IMG_5534.JPG

IMG_5535.JPG

ささ、今度は航空会社、JALのようなだけど青色。
池井戸潤さんの小説は全部読んでるのに、
『銀翼のイカロス』も全て忘れているので、ドラマで楽しみます。

そういえば『銀翼のイカロス』は、亡き父が買って私にくれたな、と思い出した。
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナベツネさん

8月9日の夜は、21時から2つの番組を録画予約した。
リアルタイムで観たのはNHKの「渡辺恒雄 戦争と政治〜戦後日本の自画像〜

ナベツネさんと言えば、
2005年のプロ野球再編問題の際の「たかが選手が!」 発言のイメージが強く、
自分勝手で傲慢なイメージがあった。
ところが怖いもの見たさで、同番組を鑑賞したら、前のめりになって観続けてしまったほど。
なんと魅力的な男性か!

お若い頃の端正な顔立ちや、98歳にして矍鑠とした話っぷりも敬服したが、
第二次世界大戦時より反戦派で、
実際に出陣されて苦労され、
だからこそ戦後に、戦争首謀者は責任をとらねばならない!と強く主張。

読売新聞の政治記者として、夜討ち朝駆けで政治家の懐に入り込み、
そのうち政治家の参謀になった感じが、同番組でよくわかった。
滅茶苦茶頭の良い人なのでしょう。
(すみません、上から目線で)

戦後の総理大臣は、第二次世界大戦時に反戦派で、戦争中は冷や飯を食わされた人たち。
ナベツネさんは、そうした反戦派の政治家の応援をしていたよう。
戦後は経済重視になるけれど、それは平和のため。
経済を回せば戦争は起こらない、のような発言に
一挙にナベツネさんファンになってしまった。
もっと早くに、その魅力を知るべきだった。


戦争を体験した政治家がいなくなる中で、
戦争はいかん!ということを継承しようとして同番組を作ったNHKに拍手。

アナウンサーさんが、ナベツネさんにとても気を使っていることが伺えて、
そうした相手を威嚇するようなオーラも、ナベツネさんの魅力。
posted by H.A at 17:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

長い夜

映画「私の頭の中の消しゴム」やドラマ「愛の不時着」の主演の
ソン・イェジンさん(女性ね)が好きなので、
またまた韓国ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」を拝聴。

幼なじみの男女(女性の方が年上)の恋愛話を中心に、
企業内の上司や同僚との葛藤、変わらない企業文化の中で働く女性のこもごも、
家族、結婚観などなどが織り交ぜられたドラマ。
ストーリーの中の人の気持ちになって、泣いて笑って怒って・・・と観る側ものめり込める
さすが韓国ドラマ!


さて、前半は、恋が始まる時のときめき満載、一番楽しい時。
美しい二人のイチャイチャを、ニヤニヤしながら楽しめる。

私もニヤニヤしながら、他方で生真面目なため気になって仕方が無い事がある。
それは、夜が長い ということ。

四半世紀前の日本のトレンディドラマも然りで、
仕事の後に、食事に行って映画見て、その後家に行って(もしくは帰って)いろいろあって・・・
で、夜が長すぎるでしょう。
翌日はまた普通に出勤・・・

通常こうしたドラマの設定では、主役は仕事ができる役柄なのだけど、
これでは眠くて仕事の生産性が落ちるのではないか!

一日36時間くらいある設定なんかい!

あたくしは、今でこそ、夜中にこうしてドラマを見ては夜更かしをしているが、
数年前まで、22時就寝を長い間続けていた。

我が清貧の生活と比較すると、
長い夜と、それを遊びつくせる体力、ドラマながらちょっと羨ましい。
posted by H.A at 07:48| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

牛と豚

NHKの「チコちゃんに叱られる!」と
フジテレビの「全力!脱力タイムズ」は、
既存のテレビ番組とは異なって挑戦的で面白いなと楽しみに観ている。
(すみません、上から目線で)

今朝の「チコちゃんに叱られる!」では、
お肉といえば、西日本は牛肉、東日本は豚肉だが、なぜかというものであった。

肉と言えば牛肉で育った西日本生まれの私は、
東日本が豚肉文化だったことを、今朝初めて知った。

さて、差異の理由。
西日本は公家の文化であったため、古くよりゆったりとした牛を重宝し、
明治以降は食用としたと。

他方で東日本は、関東平野がやせた土地であったことより、
草食でゆっくり育つ牛を扱うことができず、
かつ武士文化であったことより馬を重宝。

明治の文明開化以降、東日本も牛を食べるようになったが、
戦争等で軍事食用に牛肉がとられ、
一般庶民は食べる肉が無かったと。
よって、短期間で育てることができる豚肉が、関東では食用として主になったとのこと。
(西日本は牛文化が浸透していたので、変わらず牛肉)

なるほど!これで合点がいった!
私にとっては当たり前のおでんの中の牛肉が、
関東のおでんには入っていないことが!

朝から、すっきり。



おまけに、冷茶ボトルの底の、超長い茶柱を二本。
これであなたも私も、いいことあります。

IMG_5381.JPG
posted by H.A at 09:26| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

今さらながらの「冬のソナタ」

韓国ドラマの「冬のソナタ」は、2003-2004年に日本でも大ブレイク。
ヨン様(ペ・ヨンジュンさんね)に代表される冬ソナブームを起こした。

が、その際私は一切興味なく。
ただただ寒そうなドラマ、というイメージだった。

しかし、ヨン様と共に主役を張ったチェ・ジウさんが、
しつこいが「愛の不時着」に「チェ・ジウ」役で出ており、気になっていた。
アマゾンの無料配信の期限が迫ってきていたこともあり、
少し前に夜なべをして鑑賞。
翌日の眠い事よ、バカとしか言いようがない。

中盤までひき込まれるようにして鑑賞していたが、
いかんせんぶっ続けて観ているものだから、後半は疲れてきた。
20話あったが、15話でよい。

また恋敵というか、邪魔する男女の意地悪でしつこいことよ。
イラッとする。
人の心は思い通りにはならない!
呼び寄せようとすればするほど、離れていく!
ということを、男女に教えてあげたい。

それにしても、若き日のチェ・ジウさんは美しかった。
そして結論としては、私はやっぱりヒョンビンさんとソン・イエジンさんの「愛の不時着」オシ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

再放送の朝ドラ「はね駒」は素晴らしい

今朝、再放送の朝ドラ「はね駒」を金曜、土曜の二日分続けてみた。

金曜は、
主人公のりん(斉藤由貴さん)の様子より妊娠ではないかと気づいたおばあさま(丹阿弥谷津子さん)。
産婆さんに診てもらい、
オット(渡辺謙さん)はもちろん、一緒に住むりんの家族(祖父母、両親)ともに
新しい命を授かったことを喜ぶ回。
娘のりんが、出産するというのは、
自分たちの親の役目が終わったということですね、
嬉しいけれど寂しいですねと泣く母親(樹木希林さん)。

土曜は、
生れてくるひ孫のためにと産着を縫うおばあさま(丹阿弥谷津子さん)が、
素敵なオット、可愛い子どもたち、お嫁さん、そしてかわいい孫に囲まれ、
そのかわいい孫の子どものために産着を縫っている今が一番幸せだと話す。
別の部屋で、
おまえの母親は本当に美人で、皆から恨まれて結婚したと
息子(小林稔侍さん)に話すおじいさま(山内明さん)。
と、おばあさまが眠るように、産着を縫いながら亡くなる。

りんのお父さん(小林稔侍さん)が、妻に(樹木希林さん)いう。
「おまえは、ほんとうによく母親に尽くしてくれた、ご苦労であった」
泣き崩れる妻(樹木希林さん)。

といった二日続けて観たことにより、ドラマの世界観のひきこまれ、
朝から号泣。
こんなに朝ドラで泣くことがあったろうか・・・
(「カーネーション」や「ごちそうさん」あたりであったかもしれないが、すぐ忘れる)


再放送の朝ドラ「はね駒」は、そんなに注目を浴びたドラマではないと思うが、
これは超がつくほど良い作品。

年をとっても魅力的な斉藤由貴さん、渡辺謙さんが主役、というのもあるかと。
posted by H.A at 08:43| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

「鬼滅の刃」で気になる呼吸法

友人が泣いたというので、ネットフリックスでアニメ「鬼滅の刃」を鑑賞。
仮想の世界での戦いの話だが、絆とか家族、友情などがテーマのようで、
確かにウルっと来る。

アニメは原作の漫画のほぼ1/3。
漫画は最終回まで終わっているようなので、読んでみたい。
誰か、着払いで送ってくれないだろうか。

さて、その「鬼滅の刃」。
気になったのは戦う際に多々出てくる呼吸法
呼吸に合わせて刀を振り、敵をやっつける、というもの。
鍛えた体があって初めて、戦える種々の呼吸法を習得できるらしい。

これが気になって仕方がない。
ヨガでもストレッチでも、呼吸大事だが、
カラオケを歌うときの我が課題は、呼吸というか、息継ぎだと認識しているからだ。

何がどうかというと、
要は、気持ちよく歌うために、短い息継ぎで大量の酸素を肺に取り込みたい。
しかしそれをすると、「ハーーーー」といった、息を吸ってますという大きな音が出る。
(ブレス音というらしい。)
これがかっこ悪い。
できれば、涼しい顔をして、大量に酸素を吸い込みたいのだ。

何のことかよくわからない皆さん、
松田聖子ちゃんの若い頃の動画を是非見て欲しい。
彼女の歌は高音を伸ばす曲ばかりで、声量はもちろん、肺活量も必要だ。
あのきゃしゃな体で、あれだけの歌唱をしているのが素晴らしいが、
実は彼女が、いつ息継ぎをしているのか、よくわからない!


呼吸法。
気になる。
プロに学ぶべく、ボイストレーニングに通うかと真面目に考えている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

月が綺麗ですね

時々見かける「チゲ鍋」の料理。
韓国語で「チゲ」とは、「鍋」の意味だと、同僚の韓国の先生に教えてもらった。
なので「チゲ」だけで良いらしい。

韓国ドラマでは「豆腐チゲ」とか「キムチチゲ」などよく出てくる。
先述の先生曰く、海鮮類や豚肉などもあうとのこと。

というので、あたくしも粉トウガラシやコチュジャンを購入し、自宅チゲ。
すりおろしたレンコンと鶏肉のミンチで鶏団子を投入したり、
多種多様なキノコ類を投入したりと、楽しんでいる。

これらすべて韓国ドラマの影響。
鑑賞していると、韓国語を少し覚える。

オムニ(お母様)とか、デー(「はい」という返事)など。
それと、サラゲヨ(笑)

恋愛ドラマですからね、欠かせない言葉。
韓国に行っても、これだけは使える!?

ちなみにサラゲヨは、
「あなたを愛しています」 の意味。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

「私の名前はキム・サムスン」鑑賞は、日帰り韓国旅行の感じ

今日の午後は、zoom開催の日本経営学会関東部会を拝聴。

その後、アマゾンプライムの見放題が間もなく終了の文字に慌てて、
韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」をセルフ5倍速くらいで鑑賞。

なぜなら「愛の不時着」で大ファンになったヒョンビンさんが出てるから。

「私の名前はキム・サムスン」は2005年のドラマで、
最終回は視聴率が韓国で50%超えだったとのこと。
ヒョンビンさん好きだというと、韓国ドラマに精通している皆様が、このドラマを推薦してくれていた。
というので、慌てて観たのだけど、うーーん。

恋愛ドラマで、主役の女性がとにかく元気な役。
大きな声を出して少し乱暴。
これが私にはちょっと・・・

というので、日帰り韓国旅行に行った程度のドラマ鑑賞。
ある意味よかった。
どっぷりはまらなくて。
posted by H.A at 22:39| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

ようやく帰国

2002年の時、「ごくせん1」を観ていなかった。
(赤西仁君の出ていた2005年の「ごくせん2」から観ていた。)

再放送していたので、TVerで初鑑賞。
韓国ドラマも人間が温かいが、我が国の「ごくせん」も最高に良い。
何が良いって、やんくみの渡世の義理と人情を軸とした教育が良い。

ヤンチャや勉強できないのも、全くOK。
だけど人として間違ったことや恥ずかしいことはするな、と。
喧嘩は良いが暴力は振るうなと。

ちなみに、喧嘩は 素手でタイマンが基本。
目的は誰かを守るため。
暴力はそうでない場合のこと。

というので、「ごくせん」により、
韓国ドラマにハマって韓国どっぷりだった私の心と頭は、
ようやく日本国に帰国。

しばらく、やんくみに感化された発言が続くと思う。

と、テレビをつけると「今日から俺は!!
映画館に行くのは、コロナで数か月我慢しているけれど、
これは観に行きたい!

ああ、日本に帰ってきたなーー。
♪つっぱることが男のたった一つの勲章だって・・・
posted by H.A at 22:37| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

ドラマ「やまとなでしこ」

フジテレビが、20年前のドラマ「やまとなでしこ」を
二夜にまとめて再放送、というので、中高年はざわついた。

にもかかわらず、私は一夜目が済んで話題になって、ざわつきに気づき、
慌てて二夜目を録画して鑑賞。

二夜ではやはり仕方ないなという端折り方だったけど、
20年前のあの頃、当該ドラマを観て、うきうきわくわくどきどきしていたものだ。
(立教大学で撮影していたのね)

あの頃、ドラマ内で矢田亜希子さんの着ていたピンクのコートが可愛くて、
欲しかったことを思い出した。
あれは、フォクシーかハロッズかだったか。

物欲が随分衰えた現在、珍しくデパートで欲しいと思ったワンピースも、
コロナで着ていく時や場が無いので諦めた。
Opportunityがある時に、欲しいものは手に入れといたほうがよい。
と、20年前の私に伝えたいものだ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

「ロマンスは別冊付録」

非常勤先の学生さんが、韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」が
キュンキュンしてオススメです♪というので、
タイトルに若干のこっぱずかしさを感じながら拝聴。


結果。









キュンキュンしました。

20歳前後の大学生さんも、長い間生きてきた私も、
キュンキュンするドラマです。

恋愛ものはどうにも絵空事のようで、
小説もドラマも映画も、あまり好きではなく、
長い間食指が伸びなかったのですが、
愛の不時着」でその考え方は崩壊。
絵空事であっても、良質なそれは、身体中の血を活性化させるようです。

映画「プリティウーマン」は年長のリチャードギアが
ジュリアロバーツを品ある女性に変身させましたが、
この「ロマンスは別冊付録」は、弟分の男子(イ・ジョンソクさんね)が
生活じみた姉さん的存在の女子(イ・ナヨンさんね)を
仕事にやりがいをもたせ洗練された女性へと変身させる。

絵空事とわかっていても、またリピート鑑賞してしまう・・・
韓国ドラマのストーリーは、何度もリピートさせるものすごい魅力があります。


加えて、何より演者さんが美しい。
姉さん的存在の女子を演じたイ・ナヨンさんは、柴咲コウさんをもっと美人にして
スタイルを良くさせた感じ、という超ハイレベルな外見。
弟分の男子を演じたイ・ジョンソクさんは、
壁ドンでは手足が長すぎて、二人の距離が遠いからか、
斜め上に腕を伸ばすほど。

ドラマ内のインテリアや使用する食器なども、おしゃれ。
韓国料理もおいしそう。

ストレスなく楽しめるドラマですので、オススメです。


ちなみに、イ・ジョンソクさんは、現在入隊中、とのこと。
国の相違を実感。
posted by H.A at 06:52| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

give and give

大河ドラマも今停止中で、日本のドラマで一番楽しみなのは、
再放送の朝ドラ「はね駒」。
これは、とても良い。
今朝も泣かされた。

何が良いかと言うと、主となる家族に思いやりがあるから。
いつも他者の幸せを考えている。
しつこいが私が韓国ドラマ「愛の不時着」が好きなのも、同じ要因だ。

やはり、人に接するのは、give and giveが良いね、と思う。

それにしても、若き日の渡辺謙さん、ご子息によく似ている。
そして、小林稔侍さんと樹木希林さんの演技は、秀逸(すみません、上から目線で)。
来週からは、福島を離れて、東京での暮らしが始まる。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

梨泰院クラス(イテウォンクラス)

ネットフリックスで韓国ドラマ「梨泰院クラス」を、飛ばしながら鑑賞。
立教で行っている非常勤「コーポレートガバナンス」講義のリアクションペーパーに、
講義で学んだことで「梨泰院クラス」が理解できた、と
数人が書いていたので、気になっていたのだ。

同ドラマは、ネットフリックス上では「愛の不時着」に次ぐ高視聴率で、
お笑い芸人さんたちも、youtubeで「梨泰院クラス」について語っていた。
というのも気になる要素の一つ。

なるほど、下克上と復讐劇で、勧善懲悪(ネタバレですみません)な感じが、
日本人の桜好き的な感覚とあう。

昨夜遅くに観終わったが、
やはり私は「愛の不時着」が好きと、寝る前のお口直しに、
「愛の不時着」の第4話を鑑賞。
ほんと、不時着沼にどっぷり。
(あの二人が自転車に乗ってるシーンが超好きなのです。)

それにしても、韓国の俳優さんたちは背が高い。
男性は、「愛の不時着」のヒョンビンさんも、
「梨泰院クラス」のパク・ヒョジュンさんも、約185センチ。
他方で女性も、
「愛の不時着」のソン・イェジンさんも、
「梨泰院クラス」のキム・ダミさんも、約165センチ。
彼女らが9センチヒールを履いて、男性と並び立つとかっこいいことよ。

他の出演者さんたちも、総じて高身長。

なかには小太りの方も端役で出ておられますが、
韓国の平均身長が高いのだろうか・・・


日本の俳優さんたちで男性185って、そうはいない。
同じアジアとはいえ、大陸と島国の違いかな。
ちょっと調べてみます。





*調べたら、こんなのありました。
学術論文としてこちら

柔らかい読み物としてこちら


要するに
数値として、日本人より韓国人のほうが、身長が高い。
見た目重視の韓国は、身長も重視する。
その差は、食べ物? というところのようです。
posted by H.A at 08:52| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

第56回百想芸術大賞

韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる百想芸術大賞 というのがあり、
先日の6月5日に、ソウルで第56回の同賞が開催されたらしい。

映画の部とドラマの部とあるらしく、
映画の部はアカデミー大賞をとった『パラサイト』が大賞とのこと。
やはりこれは観てみないと・・・

そして、なにがびっくりしたかというと、
ファン投票のTikTok人気賞というのでは、
私がはまっている「愛の不時着」の両主役ヒョンビンさんとソン・イェジンさんが選ばれていたが、
ドラマの部の大賞ではなかった、ということだ。
あのレベルのドラマで、大賞ではないのか!!!


「椿の花咲く頃」というドラマが、
大賞、脚本賞、男性最優秀演技賞、男性助演賞と複数の賞を受賞。

韓国のドラマの質の高さはいかほどのものか!ということだ。

以前より気になっていた「梨泰院クラス」とともに、
「椿の花咲く頃」もネットフリックスにあるので、
観てみたい。

世の中知らないことばかり。
posted by H.A at 08:09| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

寂しい時

昨日の朝ドラ再放送「はね駒」は、泣けた。

次女さんの縁談が上手くまとまって、嫁ぐ前の日。
(ちなみに主役は長女で、若き日の斉藤由貴さんね)
めでたい、めでたいと言いながら、皆寂しくて、わざと明るくふるまって、というあたり。

樹木希林さん演じるお母さんが、
もしも嫁ぎ先で何か叱られたら、それはあなたが悪いのではなく、
ちゃんと教えてあげられなかったお母さんが悪いのだから気にすることはない。と言う。

嫁ぐ日、家を出て嫁いでいく次女に、小林稔侍 さん演じるお父さんが、
おまえのお母さんのようにしておけば、何も問題は無い、と言う。

次女さんが嫁いだ後、寂しそうにしている両親を見て、
家から離れた女学校の先生見習いとして、仕事をすることが決まっている斉藤由貴ちゃんが、
お父さんもお母さんも寂しいだろうから、
私が家に帰ってこようかというと声をかけると、
ずっとべったり親子がいられるわけではない、
寂しいものはなんとか自分たちで乗り越えるから、気にしなくてよい、と
お母さん役の樹木希林さんが言う。

朝からおいおいと泣けた。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

私の頭の中のヒョンビン

2月にウィーンとプラハに旅行した際には、
ゲルマン民族の美しさにハマったが、
最近は、何度も書いているが韓国ドラマ「愛の不時着」の2人の主役、
ヒョンビンとソン・イェジンにハマっている。

二人の過去の画像を見、動画までも眺め、一日が過ぎる(仕事も超忙しいのに)。
でも私はヒョンビンが好きなのではなく、ドラマ内のリ・ジョンヒョクが好きなのだと思う。
よって、過去のドラマでヒョンビンがチャラ男を演じていると、ガックシする。
演技が上手いので、余計にガックシする。
(ジャニーズの手越君は、ホント残念。イッテQではいい感じだったのに)

女子のソン・イェジンも可愛くてよい。
彼女が主演した映画「私の頭の中の消しゴム」は、今アマゾンプライムで観れますよ!

IMG_5091.PNG

さて、韓国ドラマ「愛の不時着」ではスイスも舞台になるのだけど、
そこでソン・イェジンが、キットカットを買う場面があった。

だからというので、買いました私も。
IMG_5146.JPG


そろそろ、不時着沼から抜けられそうです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

コロリとコロナ

私としたことが、あまりブログを綴っていない。
仕事も忙しいが、ブログを書く時間くらいは作れる、まさに忙中閑だ。

しかし、なぜ書けないか。
なぜなら、韓国ドラマ「愛の不時着」にはまっているから・・・しつこい?

しつこいのは重々承知ながら、このドラマはリピート鑑賞してしまう。
それだけ飽きさせないのだ。
(私はヒョンビンさん演じるジョンヒクに特にはまっている)
で、ブログを書く時間が無い。

そんな中、飯炊き係も続けていて、
在宅勤務の家族と昼食、夕食時に、一緒に観るのは、
アマゾンプライムでTBSドラマ「Jin−仁―」

「愛の不時着」に匹敵する日本のドラマは、「Jin−仁―」だろう。
「愛の不時着」のヒロイン ソン・イエジン(可愛いし演技もうまい!)さんと比べて遜色ないのは、
日本では綾瀬はるかちゃんだとも思う。

どちらのドラマも、結ばれない境遇で、相手をもとの世界に戻すことを祈るという
涙なしには見れない設定であり、似ているともいえる。



そんなこんなで「Jin−仁―」では、
江戸時代に治らないと言われた流行り病「コロリ」(コレラね)を
タイムスリップした仁先生が治療のために闘っている。

きっと、100年後に作られるドラマでは、
2020年に世界的に流行ったコロナを、
タイムスリップしてヒーローが治すというストーリーがあるだろう。

100年後の北朝鮮は、資本主義国になって、南北統一されているだろうか。
posted by H.A at 13:03| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

晴れた日曜日に沼にハマる 愛の不時着沼

絶対に手を出さないと決めていたネットフリックスの韓国ドラマ「愛の不時着」
これは恐ろしい沼でした。
一度足を踏み入れると、とりこになって抜け出せない。
リピート鑑賞してしまう。

日曜日も朝一でミュージシャン活動した後、
すぐさま「愛の不時着」。
6話まで観て、せっかちなので16話の最終話を観て、
それで満足できるかと思ったら、全くダメで、
気になってまた7話から全て鑑賞。

最後がわかっているのに、演者と共に泣きながら、えんえんと鑑賞。
最終回も再度、そしてまた最初に戻って・・・で
これを巷では#不時着沼 というらしい!

老若男女がはまるのがよくわかる。
主人公の二人もよいが、やはり脚本がよい。
時を前後しながらも、混乱しない。
涙あり笑いあり、国際問題あり、恋愛あり。



韓国に行ったのは、かれこれ20数年前。
あれから格段の変化を遂げたとされる韓国に、行ってみたい!
の意も強くした、沼にはまった日曜日。

土曜も日曜も歩数が2桁。
posted by H.A at 08:03| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

雨の土曜日

今日も朝早くから、講義を一本、録音。
ミュージシャン活動、絶好調(自己満足)。
アサイチは、頭も回って良い。

と、一仕事終えて気を良くしてしまい、
絶対に手を出さないと決めていたネットフリックスの韓国ドラマ「愛の不時着」を
ついつい見始めてしまった・・・
ネットフリックスの視聴率1位、
かつ私の周囲の動画鑑賞仲間たちが口を揃えて面白いという。
だから見ないようにしていたのに・・・

我ながら愚かとしか言いようがない。
人の心を鷲掴みにする韓国ドラマよ!
トイレに行く暇も惜しんで見続けてしまった。

えーーい、きりがない。
ネットで、ネタバレを最後までよんだれ、と思うが、
話が錯綜していて、活字のみで理解するのは難しい・・・

困っている雨の土曜日。
本業のミュージシャンに、そろそろ戻ろう。






ミュージシャンではないが。
posted by H.A at 15:39| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

親の想い、子の願い

ここのところ忙しくて、朝ドラは流し見だったが、
たまたま今朝はコーヒータイムにゆっくり見たら、泣けた。

現在の朝ドラ「エール」
大正時代で、福島の老舗呉服屋の長男が主役。
音楽を志し、父親も好きなことをしたらよいと応援してくれていたが、
呉服屋の経営が行き詰まったことにより、
伯父の養子になって大銀行の跡取りになることに。

再放送の朝ドラ「はね駒」
明治時代で、やはり福島、酒蔵に嫁入りすることが決まっている長女が主役。
嫁入りよりも、女学校に行きたいと切望。

とどちらも福島が舞台と言うのがコラボしているが、
泣けたのは、両方の父親とその子どもの苦悩。

エールでは、唐沢寿明さんが、息子の夢をかなえてやれない父親、
窪田正孝さんが、家のために音楽の道をあきらめた息子。

はね駒では、(若き日の)小林稔侍さんが、先方に頭を下げ、
娘を自由にするために勘当を言い渡す父親。
(若い日の)斉藤由貴さんが、女学校に行って広い世界を観たいという夢をあきらめない娘。

どちらの決断も泣けました。



現代は、そのころと比較して職業選択の自由度が高い。
それはそれで、選択できないという贅沢な悩みがある。
やりたいことがスルッとできるより、高い壁があるほうが、
本当にやりたい人だけが夢にたどり着ける。
もしかしたら親の役割は、あえて子どもの壁になることかもしれない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

母性

ドラマ談義仲間の文化・教養・芸術・グルメなど指南くださる師匠が、
以前「Mother」が良かったと言われていたが、私はそれを見ておらず
とても残念だったのを、なぜかずっと覚えていた。
他のことはすぐ忘れるのに。

ところが、公式テレビポータルTVer(ティーバー)にあるのを見つけ、
観賞できる回は、早送りをしながら鑑賞。

ちなみにドラマ「Mother」は日テレで、2010年4月のもの。
10年前ですね。脚本は坂元裕二さんの書下ろし。
なるほど。

松雪泰子さん 主演で、尾野真千子さん、高畑淳子さん、 田中裕子さんなど、
そうそうたる演技派揃い。

そして何より、芦田愛菜ちゃんよ。
天才子役というのは、こーいうことかと。
セリフの記憶力も素晴らしいのでしょうが、
その場に合わせた、表情、目線、口調、泣き方!
ストーリーも、ゆるぎない母性を問うもので、
早送りしながらも、号泣。

ところで、
私の大好きな綾野剛さんも出ていましてね、
これがポンコツの最低男役(笑)

朝ドラ「カーネーション」は2011年秋からなので、
その後にブレイクしたのですね。
芦田愛菜4ちゃんも大学生だし。
10年はあっという間ながら、変化の幅は大きい。

ドラマ好きなので、語ってしまいました。
失礼しました。

今、私に莫大な資金があったら、ネットフリックスを買収して、
色々ドラマを作ってみたいものです。
posted by H.A at 13:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝ドラ「スカーレット」

朝ドラ「スカーレット」が昨日最終回だった。
同時期に再放送していった「おしん」の後だったので、
物足りなさがあったが、それは運が悪かったとしか言いようがない。
(上から目線ですみません)

そうはいえ、戸田恵梨香ちゃん演技はうまかった。
ただ、大阪で家事手伝いとして、質の高い家事の仕方や、
作法など学んだであろうに、
離婚して以降の、モノイイや立ち居振る舞いを、
男性っぽくしたのは、解せなかった。

もちろん、女手一つで育てるから父親役をしなければ、
とか
陶芸を生業にするには身なりに気を使っていられない
等を表したのだと思うけれど、
三つ子の魂百までもで、若い頃に習得したことは、
骨身にしみついて、忘れないと思うからだ。

と言うので、もしも私が演出家なら、
胡坐をかいて座るとか、乱暴な言葉などは、
使わないようにするな、などと思いながら観ていた。
解釈の相違でしょう。
(相変わらずの上から目線ですみません・・・)

ささ、今日の東京は寒そうです。
美味しいもの食べながら、巣籠ですね。
明日天気が回復したら、例のあれに気を付けながら、
体調管理のために、人気のないところ?を散歩でもします。
人気のないところに、桜が咲いていたら、ラッキー♪
posted by H.A at 08:25| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

共同養育の必要性

3月20日(土)の朝、NHKの『チコちゃんに叱られる』を拝見。
(これは再放送らしい)

チコちゃんの質問は、
「なぜママになる時イライラするの?」

答えは、
「人は群れで生きる動物だから」

どういうことかというと、
妊娠時にはエストロゲンが出て、イライラする、と。
出産後はエストロゲンの量の変化は一定し、イライラしなくなるはずだけれど、
でもまだ イライラする。

それは、愛情ホルモンという別名のあるオキシトシン、
これは絆を深めるホルモンの1つかな、と言われているらしい。

エストロゲンが減少すると、不安や孤独を感じるようになるらしく、
それは母親に共同養育を促すためのものだったと考えられているらしい。
よって、仲間と一緒に子育てをしたい気持ちが強まるらしい。

ところが、日本は核家族で、ママさんの負担が大きくて、
オキシトシンには攻撃性も備わっているので、
何もしない、もしくは何もしないように見えるオットさんを攻撃する、
という仕組みらしい。

以上がその説明だったのだけど、
ということは、女性が働いて、働かなくても、
保育園に我が子を預けるという行為は、
共同養育の一環であり、
いたって人の仕組みに適しているものだということでしょう。

遠い昔、出産後に私が働く、ということに、
異議を唱えた人もいて、保育園は可哀そうだとも言われて、
哀しい気持ちになったことを(忘れていたけど)思い出した。

若い頃の私は、言われるがまま黙っていて、
それでも保育園で、他者の中でもまれる子どもをみていると、
保育園という環境は、小さな子どもが、生きる力を養うのに必要ではないかと、私は信じていた。

ということが、理屈で証明されて、改めて安堵した次第。


となると、保育園の制度は、税金を投入して
もっともっと完全制度化するべきものといえる。
保育士さんの待遇の向上も必要、ですよ!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

最強「おしん」

毎朝楽しみだったNHK BSの朝ドラ再放送の「おしん」が終わってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ。
しばらく、おしんロスです。

同ドラマ、1年間の長編で、三部作。

幼い頃 雪深い山形での奉公時代
若い頃―中年 東京―九州―三重と結婚前から子育て後
晩年 経営を次世代に譲ってからのこもごも

「おしん」はそもそも、1983〜1984年に放送されたもの。
女性の一生を、人生は長いけど、一生懸命生きれば悔いなしと描きながらも
バブル前の豊かさに溺れる日本に対し、
忘れたモノ、失ったモノはないか?と課題提起したドラマ。

面白いわ、深いわ、泣けるわ。
橋田壽賀子さんは、偉大。

IMG_4741.JPG

最後の浩太さんとおしんの、海を眺めるツーショットは
いろんなことを思わせます。
こういう関係もよい、ね。
posted by H.A at 13:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

余人をもって代えがたい

ネットフリックスのテラスハウス
バスケ選手の田渡凌君が卒業した。

テラスハウスに出るというか住むのは、
総じて自分を売るためであって、それを責められるのは可哀そうではある。

凌君はおそらく、自分自身のPRもあるが、
所属チームのひいてはバスケ文化の高揚のために、テラスハウスに住んだのだと思う。

が、想定以上に彼はもててしまった。
それも、彼が理想とする女子以外に。

そもそも彼は、年上で、自分を導いてくれる女子が良いといっていた。
しかしテラスハウスの女子は年下ばかり。
彼に依存したい子たちだった。
よって彼としても、バスケの女子ファンのアンチに対抗してまで
つき合いたい人がいなかったと推測される。

ところが、先に書いたように、彼はもてすぎてしまった。
そして女子が積極的だった。
特に積極的な女子二人は、ハーフだったので、
忖度する日本文化とは異なり、ガンガン彼に接近した。

よって、傍から見ると、彼が逃げているように見えなくもなかった。
というので、逃げた感じで卒業。

何とも残念。
スタジオのお兄様お姉さま方のコメントも、積極的にアプローチする女子寄りの意見で、
凌君は悪者だった。

やまちゃんも、ここではもてないヒール役を演じているので、
客観的な意見は言わない。
いつも中立的に分析する徳井さんがいないのが、今回は痛かった。

テラスハウスの徳井さん、余人をもって代えがたい。
他の芸能人が不祥事を起こして自粛するのは勝手にせーと思うが、
徳井さんだけは、早く戻ってきてほしい。
何より、凌君がそう感じたであろう。




もう一件、
大河ドラマを観ながら、ああ、ここがエリカ様なら、もっと美しい!
と思っている大河ファンもいるかも。
少なくとも私はそう感じている。

不祥事はよろしくない。
だからこそ、そうした能力ある人は、誰よりも自分を律してほしいものだ。
とテラスハウスを観ながら改めて感じた次第。
posted by H.A at 18:29| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

寅さんとおしんの誤解

私より10歳ほど年上の人に
寅さんの映画を観に行った話をすると、
寅さんと言うのは暴れん坊のイメージが強く、
見る気にならないとおっしゃる。

けんかっ早いというのが寅さんの特色だけれど、
それだけ人情が深く、「男はつらいよ」シリーズは、
人情味あふれる良いストーリーなのだとお伝えした。

寅さんのイメージが先行して、
その良さが誤解されている。

それと同様にNHK朝ドラの「おしん」も、
幼い頃の山形の、雪の中、いかだで川を下って奉公に行く、
という根性話が先行して、
そういった貧しい中の我慢話だというイメージがある。
少なくとも私にはあった。

ところが、BSで再放送されている「おしん」を毎朝見るに、
奉公していた小さかったおしんは、大きくなり、
嫁ぎ、子も生まれ、戦争を体験し、家族と死別し、
それでもなお強く生きている。

サザエさんやドラえもんや、コナン君は、アニメなので年をとらないが、
寅さんやおしんは、年を重ね、
ストーリーのコンセプトは、人生と共に変化している、ということを大きな声で言いたいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

主役・脇役・端役の名前

私の名前は「ひとみ」だが、映画やドラマの主役に、この名前が用いられたのを見たことが無い。
決して、用いられて欲しいわけではなく、事実として無い。

先般鑑賞した寅さんでは、満男の亡くなった奥さんの名前が「ひとみ」だった。
「ひとみ」さんの法要に皆が集っていた。

といった感じで、端役の名前として用いられることが多い。
さて、今期、新しいドラマが始まっており、ドラマ好きとしては、まずは初回を見ようと、
録画しては眺めている。

向井理さんのドラマ「10の秘密」
元妻役の仲間由紀恵さんとの共演でサスペンスと言うので、ちょっと面白そうだ。
で、向井理さんと仲間由紀恵さんの一人娘、彼女の名前が「ひとみ」。

娘が誘拐されてどーのこーのと言うストーリーだったので、
ドラマ内で何度も「ひとみ」とか「ひとみちゃん」と連呼される。
その量が半端ない。

ながら見で鑑賞しながら、ちょっとこっぱずかしい。
同ドラマでは、端役ではなく、存在感のある脇役だ。
「ひとみ」という名前も少し出世したようだ。

さて、最後のあたり、ながら見ではなく、ちゃんと観ようと画面を見ると、
あることがわかった。
同ドラマの「ひとみ」ちゃんは、瞳ちゃんだった。

ちょっと惜しい。
なんか惜しい。
posted by H.A at 10:46| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

三角関係

私が一番楽しみにしている、ネットフリックスのテラスハウス
スタジオに徳井さんが不在なのが、非常に痛いが、
それでもテラスハウスの若者たちは面白い。

特に今週の29週目の回は、三角関係がなんとも切なかった。
どう考えても相思相愛の二人に対し、
それでも一緒にご飯が食べに行きたいハナちゃんが、
男子を誘うアタリ。

男子は行く気が無いのが見え見えで、でも食い下がるハナちゃん。
行けたら行こう、という約束。
これは、行きたくない、という意見表明なのだけど、
ラインを待つハナちゃん。
結局用事ができたと、男子からのキャンセル電話。
泣き崩れるハナちゃん。

他方で、相思相愛の男女間は、恋愛に手練れた二人のようで、
間接的に想いを伝える会話のお洒落なこと!

というのを、仕事から帰った後、ワインを飲みながら鑑賞するのが楽しみ。

ところで、仕事からの帰り道、税務署に行って、確定申告のためのPWをゲット。
これで家のPCで全て完遂できる。
間もなくその時期になったら確定申告して、徳井さんの帰りを、待ってます!
posted by H.A at 23:01| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

グランメゾン東京

TBSのドラマ「グランメゾン東京」が昨夜、最終回。

何をやってもキムタクを逆手にとった、
あえてのそのままキムタク が功を奏した感じで、
とてもよかった。
(すみません、上から目線で)

共演者も皆、鈴木京香さんはじめ好感度高い人ぞろいでなかなか。
(すみません、上から目線で)

かつ、最後が(ネタバレですが)、ここはいつものキムタクと異なり、
ちゃんとサスティナビリティが確保されていて、
嬉しい気持ちで見終えることができた。

ストーリーもよかったし、フレンチの楽しみ方も学べたし、
さすがTBS。

IMG_3649.JPG
posted by H.A at 13:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

銀縁眼鏡

日テレのドラマ「同期のサクラ」が面白い。
単なる勧善懲悪型ストーリーではなく、成長に伴う変化も描かれている。
来週が最終回らしく、これもサクラロスになりそうだ。

さて、この高畑充希演じるサクラは、いつも銀縁眼鏡をかけている。
手前みそながら、私も家でかけているのは、大昔に作った銀縁眼鏡。
下側にフレーム無し、というものだ。

IMG_3540.JPG

勝手にサクラとおそろいだと、悦に入っている。

ところが、先日、リビングのソファに座ったら、お尻に違和感が!!!
あるあるだが、サクラとおそろいの眼鏡を踏みつぶしてしまった。
ハズキルーペとはやはり違う。

サクラの銀縁眼鏡は事故でこなごなに割れてしまったが、
私のそれは、フレームがゆがみ、レンズが外れたのみのようだ。
フレームのゆがみを無理やり直し、レンズを力技で入れ込んだ。

サクラも、同期の4人から、また銀縁眼鏡をプレゼントしてもらったようで、
おそろい復活。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

「結び様」

ドラマのことばかり書いて暇そうだが、
実は仕事のタスクが多々ある。
それでも私は朝ドラでキュンキュンし、Teverでニヤニヤし、忙しい。

Teverでチェックして食い入るように観ていた
ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」。
最終回だった。
ロスになるわーー。

IMG_3529.PNG

このドラマは、とてもよかった。
DVDを買おうかと思うほどだ。

親友と呼び合って仲良しなのに、いろいろいろいろあって。
という友達以上恋人未満のような関係が、微笑ましい。
「最後から二番目の恋」の中井貴一さんとキョンキョンの(ちょっと古い)、
アラサー版のような感じ。
最終回は特に、足立梨花ちゃんになりきり鑑賞。


そして挿入歌の「結び様」が、これまた良い。
あの、川谷絵音さんの曲ですからね。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

敗戦と八郎さん

NHKのBS、7:15からの朝ドラ再放送「おしん」は、太平洋戦争が終わり、
それまで信じてきたものが音を立てて崩れる模様が描かれている。
何とも切ない。

その後のBS、7:30からの今の朝ドラ「スカーレット」は、
別の切なさを味わっている。
お茶の間のご婦人方がキュンキュンしているのではないかと思われる。

私もキュンキュンの一人である。
八郎さんのなんと、爽やかなことか!
12/7土曜日の放送は、何度も見返している。

IMG_3528.JPG

幼いころから家族のために頑張ってきた喜美子を幸せにしてほしいものだ。

朝ドラのキュンキュン No.1は、
なんといっても綾野剛さん演じるカーネーションの周防さん。
http://bouchukan.seesaa.net/article/401503907.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/360218061.html

あれは許されない恋だったので、余計に力が入った。
今回の八郎さんの壁はお父さん。
ガンバって。

それにしても八郎さん演じる松下洸平さんは、
自然体で感じが良い。
蛇足ながら、ジャニーズの男子たちも、カメラ目線ばかり気にせず、
あのように普通にすればよいのに。

松下洸平さん、ブレイクですね。
posted by H.A at 22:43| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

千葉の地名と山ピー

ここのところフジテレビで夕方、
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が再放送されている。

山ピー好きであるし、がっきーもかわいいし、
朝ドラでトッティも頑張っているので、
ティーバでも観れることより、実は過去からさかのぼって、
丁寧に復習している。
忙しい中、我ながらえらいのかバカなのかわからない。

3rd seasonは2017年だが、
それまでのものは2008年、2009ねん、2010年に放送されている。
広島時代の頃だ。

2015年より千葉に勤務しているからか、
ヘリが向かう先の地名に、今ではなじみがある。
ああ、あのあたりかとドラマながら親しみが持てる。
それが嬉しい。

それにしても3rd seasonは、主役の5名が先輩となり、
リーダー格となって組織を回す役柄。
それなりの葛藤や悩みもある。
なにより自分の仕事がきちんとできないと、後輩に指導もできない。

そんな姿に、私も共感している。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

「そごう」がハイブランドの街

テレビ朝日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」が好きで、
録画して観ている。
二人の衣着せぬ物言いが、スカッとするのだ。

前回は、気持ちが高揚する包装紙や箱などないか、という話題。
千葉(それも稲毛ね)出身のマツコさんが、
幼少期は千葉駅前にあるそごうデパートに行くのが、
家族での「ハレ」の行事であった。
だから、今でもそごうの紙袋が好きだという。

すると広島出身の有吉さんが、
広島でもそごうは街のど真ん中にあり、
バスセンターも併設されていて便利なので、そごうは自分にとって特別という。

というので、デパートそごうネタで盛り上がった。
この会話の背景には、デパートの格式としては高島屋や三越のほうが
そごうよりも高い、といったデパートのヒエラルキーがある。
だからこそマツコさんの「そごうがハイブランドの街」の言は、言い得て妙だ。

広島出身で千葉に務める私は、
マツコさんと有吉さんの両方の気持ちに強く賛同。
広島市民にとってそごうは、馴染み深いデパートだ。
(広島資本の福屋デパートも、三越の広島店も頑張っている)
千葉は三越が閉店してしまったし、千葉駅のそごうは変わらない存在感だ。

と、自分の脳内で換言しながら、共に楽しんだ。
私なりの「マツコ&有吉 かりそめ天国」の楽しみ方。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

「おしん」と「スカーレット」

今期のドラマも始まり、面白そうなのが多くて、
これまた忙しい秋になりそうだ。
今のところの私のオシは、「同期のサクラ」。
これ最高。

と、気になる民法ドラマはおいといて、
朝ドラ「スカーレット」が面白い。
戸田恵梨香ちゃんの熱演はもちろんのこと、
北村一輝演じるお父さんに泣かされる。

はちゃめちゃなお父さんなのだけど、優しいので、これが令和が描く星一徹像なのであろう。
朝ドラ「カーネーション」に出てきた娘が吹き飛ぶほど叩くお父さん、というのは、
もはや見られないのだろうか・・・

そして泣かせるのが三林京子さん演じる大久保さん。
さっさとシーや、ときつく言いながら愛情たっぷりで、いい!
今後も楽しみだ。




さて、BSで再放送している「おしん」。
これは骨太のドラマ。
橋田壽賀子節が、いちいち深い。

現在おしんは、赤木春恵さん演じる三重の網元の女性主人ひさにお世話になっている。
遠慮するおしんに、ひさが言う。
「人生には人にお世話にならないといけない時がある。」
「その分今後、どこかで世話をしたらよい」
のような感じのこと。

またおしんの夫、竜三さんのお父さんが、
成人して結婚した息子に執着する自分の妻に対し言う。
「子どもが幸せな時はほおっておいて、困った時に助けてやる、
 それが親というモノだ」
のような感じのこと。

毎朝私は、橋田壽賀子先生に人生を教えていただいている。


それにしても、橋田先生が描くような骨太のドラマは
令和の時代にも創ってもらいたい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

黒革の手帳の街

武井咲ちゃんの「黒革の手帳」もよかったが、
ネットフリックスで米倉涼子さん版も観た。
観始めたらはまり込んでしまい、寝食忘れたように(食は忘れませんが)
見続けてしまった・・・

お二人ともため息が出るほど美しい。

武井咲ちゃんのママ役もよかったけど、
ストーリーは米倉版に軍配。

ドクターXの米倉さんは、大声で下品な感じがあるが、
こちらは妖艶で抑揚のあるセリフ回し。

などと楽しんだ画面の向こうの銀座の街。

こちら窓の向こうはそんな銀座の街。
IMG_2811.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

「凪のお暇」の終わり

とてもとても好きだった金曜のTBSドラマ「凪のお暇」。
昨夜最終回。
会食があって遅く帰ったのに、二回も続けて録画を見てしまった。

主役の黒木華ちゃんはじめ、脇を固める演者さんのうまいことよ。
三田佳子さんのコテコテおばあちゃん役は圧巻。

そしてそのおばあちゃんの送別会、
スナックバブルで行われたカラオケ大会。
あの場にいたい!と思ったのは私だけではないだろう。
中村倫也さんの唄う「糸」、
高橋一生さんの唄った「また会う日まで」
よかった。

最終回により、金曜夜の愉しみがエンド。

あ、もう一つありました!
NHKの「これは経費で落ちません!」も、いい!
posted by H.A at 21:27| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

ハーヴィーとダナ

2019夏はあっという間に過ぎ去ったが、
記憶に残ってるのはアメリカドラマ「SUITS」をひたすら鑑賞したこと。
http://www.suits-tv.jp/about/index.html
シーズン7まであって、全部見たのち、
もう一度最初に戻って、再度鑑賞している。

なぜなら、かっこいいから。

NYのマンハッタンが舞台で、街好きな私は、あの高層ビル群が何より好きなのだ。
そして主人公のハーヴィ、そして秘書のちにCOOのダナ。
この両名の関係がいい!
かつ絵になる。

仕事終わりにオフィスで飲むスコッチウイスキー。
マッカランの18年物なのが、またいちいちかっこいい。

シーズン8と9がアメリカでは放映されているようなので、
早くネットフリックスで鑑賞できることを楽しみにしている。

でも今は、若者風に書くと、鬼忙しいので、もう少ししてからが良いです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

悩みが無いのが悩み

現在のテラスハウスは再びの東京編。
http://www.terrace-house.jp/tokyo2019-2020/
テラスハウス大ファンの私は、
Youtubeの番外編はもちろん、山チャンネル含めてすべてチェックしてる。

さて、現在入居しているメンバーの一人の香織ちゃんは、
20代後半、アラサーのイラストレーター。
慶應義塾大学を卒業、外資の企業に勤務したのち、
いろいろあって、
フリーのイラストレーターとして頑張っている。

が、仕事で思い悩む。
https://youtu.be/A4j-6ahkkZ4

芸術系の仕事をしながら、芸術系の大学でないことにコンプレックスを感じているらしい。
若い女子だからオファーがあると客観的に自分を見つめ、
今後どうするかを悩んでいるのだ。
実力あるかなしか、運だけで来たのではないか、今後どうなるのか。

で、泣く。













かわいいわーーー。
私も20代、30代ン頃は、今後どうするのだろう、どうしたのだろうと、
よく悩んでいたし、よく泣いていた。

今は、電車に乗って、暇だから、なんか悩もうと思っても、
悩みが無い。
昔、あんなに悩んでいたのが嘘のように悩みが無い。

よって、電車で暇。
仕方が無いので、スマホで新聞読んで、ネットフリックスでテラスハウスを観ている。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

「僕はまだ君を愛さないことができる」

実は気に入って、Teverでチェックしているドラマ。
「僕はまだ君を愛さないことができる」
足立梨花ちゃんと白洲迅君が、可愛く爽やか。

大人気の台湾ドラマを日本版リメークしたものらしく、
フジテレビでは毎週月曜26:50〜27:50らしい。
(何時やねん)

お互い「親友」と言い、
実際は友達以上恋人未満の二人の関係が、観ていてワクワクする。
Teverで、ニヤニヤしながら楽しんでいます。

IMG_2547.PNG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

辛い朝

朝ドラ再放送の「おしん」が、観ていて辛いストーリーとなってきた。
嫁ぎ先から逃げようとして、いろいろあって怪我をして、
右手が不自由になって、八方塞がり。
やはり、誰かに依存して生きる人生は、自分を失う。
あれは、オットについて佐賀に行ってはいけなかったな。

生産性の無い「辛抱」はする必要が無い。
子どもが生まれても一人で生きていけ経済力と精神力を、女子は身に付けとかないとな。

と思いながら、今の朝ドラ「夏空」を見ると、
あまりに能天気で、別の意味で悲しくなる。
あんなオットさんはいないぞ。
かつ皆が主人公に優しすぎて現実味が無い。

経済力大事だけど、母親は代わりはいないのだから、
子育てをする時に、上手に仕事を調整しないと皆が潰れる。
結婚して子供を産んで仕事をするということは、
仕事も子育ても家事もマネジメントするということだ。
(一人で全部背負うことではなく、
 上手に周囲を巻き込んで、仕事も子育ても家事も遂行するということね。)

そんなこんなで朝ドラが辛くて観たくないのだけど、
ルーチンワークで観てしまう。
観る私が悪いのか、多くの人が見るという朝ドラの性質上、
辛いドラマを作るNHKが悪いのか・・・
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

もらった1日 ハーヴィ スペクターとともに

広島宅なう。

台風10号対策で、本日は山陽新幹線とJR西日本管内の在来線の運休と、昨日のうちに決定。
本日、東京に帰る新幹線に乗る予定だった私は、
一昨日のうちに明日の新幹線を予約しなおし、
今日はふっと湧いた休息日となった。

ところで、広島市内は台風どこ?といった感じで、曇ってはいるが穏やかだ。
他の地域では大変なのだろうか。
被害が出ないことを祈る一方で、
広島市内は公共交通機関は動かない、デパートなども休業で、
あちらこちらで機会損失が発生しているが、どうなん?
穏やかで、結果オーライというところか。

そんなこんなで私は、スーツケースに入れてきた本を読む気にもならず、
ひたすらネットフリックスで、ドラマ スーツを鑑賞。
主人公 ハーヴィ スペクターを演じるガブリエル マクトがカッコいい。

来世はハーバード大学で法学を学ぶかな。

今夜は近所の行きつけの焼肉屋で、台風一過の乾杯の予定。

F5003DFE-AA19-411C-AC2E-E0F5BB0E2EBE.jpeg
posted by H.A at 13:31| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

2019夏 ドラマ 「凪のお暇」がお気に入り

2019夏 ドラマ、テレビ局が力を入れてる感の溢れるドラマが目白押し。
ですが、二話、三話と終わったころで、
キャストのわりに、あーーーといった残念さの感じられるドラマが多い・・・
(すみません、上から目線で。ドラマ大好きなので期待も大きいのです)

今期のダントツ一位は、TBSの「凪のお暇」。
https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/

黒木華ちゃんは、可愛いし、上手いね。
2015年の「天皇の料理番」、
2016年の「重版出来」、
で演じた役とは全く違うのに、上手に演じていて。
どれもTBS、さすが上手に良さを引き出している(すみません、上から目線で)。

また、大好きな高橋一生さんのバカ男ぶりが、
加えて中村倫也さんのゆるゆる男子ぶりが、
どちらも魅力的。
三田佳子さんのおばあちゃんも、可愛い!

というので楽しみな金曜の夜です。
あ、日曜のやはりTBS「ノーサイド・ゲーム」、
池井戸潤さん原作だし、自動車メーカーのラグビー部が舞台だし、
マツダにラグビー部があるので、親しみを感じながら楽しんでます。

蛇足ながら、期待した分、残念さの感じられるドラマは、
TBS「Heavenご苦楽レストラン」。
石原さとみちゃんは可愛いけれど、どれを演じても「石原さとみ」になってしまう・・・
テレ朝「偽装不倫」、
久しぶりの杏ちゃんでしたが、観ててイライラする・・・未婚なのに既婚と言ってしまうってあり?


テレ朝の「ボイス」と「わたし旦那をシェアしてた」は、今後に期待したいと思います。

勝手気ままな、上から目線ドラマ所感。
だったらおまえが作ってみろ、と言われると、「できません!」というしかなく。
失礼しました。
posted by H.A at 09:26| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

火曜の夜 テラスハウスを楽しむ

今春より、職場で新たな仕事が加わった。
新たな仕事が集中する火曜は、自分の無能さゆえに非常に疲れる。
仕事が終わると一目散に逃げ帰る。

帰宅後、自宅のテーブルに、居酒屋的なメニューを並べ、
ヤレヤレと言いながら純米酒を飲み、
娘とネットフリックスのテラスハウスを観るのが至福の時だ。
(月曜の夜中に放送がある)

この5月より都内に場所を移し、また都会のテラスハウスが始まった。
https://realsound.jp/tech/2019/06/post-370038.html

今回のメンバーが、ちゃんと食事を作るメンバーで、
皆それなりに育ちの良さそうであり、観ていて安心感がある。
その中で、キャリア観で議論し、男女のいろいろで、いろいろある。
楽しい。
可愛い。

特に、人(女)たらし力は親からもらった最高の贈り物だろうと思わせる、
二十歳の男子もいる。

という6人のこもごもを観るのが、私の元気の源。
テラスハウス 万歳。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

「おしん」と「なつぞら」

毎朝、再放送の「おしん」が楽しみです。
http://bouchukan.seesaa.net/article/465895906.html

「おしん」というのは苦労&いじめられドラマという印象を持っていましたが、
山形の奉公先の大奥さまや、髪結いの師匠など、
おしんに愛ある教育と躾をしてくれた登場者もいましてね。

また、そもそもが年を取ったおしんが、
孫と共に自分の過去を巡る旅をしているというドラマ設定で、
孫息子と二人で旅行なんて、最高に幸せではないでしょうか!!!

今後は結婚して、いろいろあって佐賀でお姑さんに云々とあるのでしょう。
楽しみです。

多方で、現在の朝ドラ「なつぞら」。
これはメルヘンですね。
昭和30年代ですから、ちょうど高度経済成長の時で、日本が右肩上がりの時。
新宿の街の喧騒とはうらはらに、とても経済的に豊かな雰囲気に包まれています。
これがなんとも違和感ありあり。

朝ドラ記念すべき100作目ですからね、
暗いより明るい話のほうが良いですから、いいのですけどね。

「おしん」の後に見ると、話しの深みがね・・・
(すみません、上から目線で)

朝ドラ楽しみなもので、期待値も高いのです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする