2013年06月03日

しまったな、ばかなことをしたな

最近、録画してまで観ているテレビ番組がある。
「サワコの朝」http://www.mbs.jp/sawako/
当番組では、おしゃべりに加え、
「記憶の中でいまもきらめく1曲」と「今、心に響く曲」をゲストが選ぶ。

先日のゲストは、最近気になる俳優の阿部サダヲ氏。
彼の「今、心に響く曲」はウルフルズの「暴れ出す」だった。
変なこと言ったな、ばかなことをしたな、と
お布団をぐるっと抱き込んでしまうような時は、
心が、暴れ出している時。
そういう時に聴くらしい。

この曲、「暴れ出す」という騒がしそうなタイトルで敬遠していたが、
実は、“心が暴れ出す”という意味であり、歌詞がなかなか深い。
しまったな、ばかなことをしたな、が連続の私は、
おでこをパシッと叩いて、いや、そうだよ、その通りだよ!と。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND22381/index.html

Youtubeあたりで、どうぞ♪
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

東VS西!! 出身地別総売上ランキング

私は毎日そこそこ忙しいので、時間を大事に使っている。
ということを、ちゃんと最初に確認した上で、今日の記事。



3/29のテレビ朝日「ミュージックステーション」では、
出身地別総売上ランキングと題し、いろいろな歌が流れた。
総売り上げなので、息の長い歌手が強い。
よって、私にとっても親しみのある歌手がランキング入りし、懐かしい歌が流れる。
なので、ついつい見るともなしに見ていた。

「出身地別」すなわち、都道府県別に、東西に分けてランキングが発表されるのだが、
広島出身が多いことに気づいた。
福岡も多い。
気になる・・・


ということで、録画を再生しながら、チェック。
(エクセルに入力しながら)

結果。
東西それぞれ30位までにランキング入りした60組の中で、
都道府県別歌手の上位は・・・
(グループもいますので組ですね)

東京都出身   10組
神奈川県出身  10組
福岡県出身   8組
北海道出身   6組
広島出身    5組

でした。
その他、大阪3組、長崎県・三重県が2組。

やはり、東京・神奈川はデビューしやすいでしょうから、多いですね。
人口も多いし。
福岡、北海道も、アーティスト層の厚さを感じさせる。
そして、広島、堂々5位!!!
広島県は昨年より、「おしい広島」のキャッチフレーズで、県のPRをしているけれど、
まったく、おしくない。
立派なもんです。



ところで、都道府県別の分類は、担当ディレクターさんのご苦労が伺われる。
というのが、松田聖子の福岡、安室奈美恵の沖縄、これらは明確。
しかし複数人のグループは、リーダーの出身地を該当させている。
また、郷ひろみは福岡扱いだけど、国鉄勤務だったお父さんの転勤で、
4歳からは東京っていうのだから、それを福岡としてよいかどうか・・・
などと、調整のご苦労が伺われる。


以上、忙しい私は、上記の集計に1時間半くらい、時間を費やした。
歌を聴きながら、時にテレビの前で踊りながらの集計なので、
仕方ないのだけれど・・・
気づくと、私の就寝時刻はとっくに過ぎ・・・
posted by H.A at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

「BEST FRIEND」

ミュージックステーションで、卒業と聞いて思い浮かべる歌ランキングを、
昭和生まれ、平成生まれと比較して、発表していた。
昭和といっても、60数年と幅があるが、ほぼアラフォーが回答。
平成生まれは、中高生だ。

平成生まれが回答した5位には「Best Friend」が選ばれていた。
(音でます)
http://www.youtube.com/watch?v=b7Hx_NAFtcg

キロロの「Best Friend」は、良い曲なので、時代を超えて人気のようだ。


とキロロのピアノの前奏を思い浮かべていたら、
なんと、西野カナのBest Friend」だった。
(音でます)
http://www.youtube.com/watch?v=zPs6EuSn-ME



やはり、私はどっぷり昭和のようだ。あたりまえだけど。

さて、上記の内容が、さっぱりだったあなた。
大衆ヒットソングにまったく疎いか、昭和前半でしょう。

それはそれで、ペギー葉山の「学生時代」とか、ユーミンの「卒業アルバム」とか、いいですよね。
posted by H.A at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

♪この夜を止めてよ

比治山大学の丘から見える太田川と車のライトに照らされた夜のキラキラした灯りを眺めながら、
JUJUのベストアルバム『LOVE』を聴く。

JUJUのLOVE.jpg

珍しく、昭和の香りのしない音楽CDを購入したな。
とはいえ、「CDを購入」という行為自体が、昭和だな。
やはり、ブツがないと不安でしょ。
posted by H.A at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

♪うまく言えずに、また君を怒らせてしまう

昨年は大晦日に大阪ドームまで逢いに行きましたが、
今年は広島まで、わざわざ来てくれました。





関ジャニ∞の男子たちが!

(コンサート中は撮ってはいけませんから、始まる前です!)
2012年度関ジャニコンサート.jpg

スタンド席だけど、ちょうどトロッコが通る通路の席。
(ジャニーズコンサートでは、人力トロッコにメンバーが乗って、
 客席まで来てくれるのです)

横山君と大倉君と握手できた後の感激は、
10代女子特有の黄色い声を、この私にも出させる能力を与える。

亀川先生が大好きな「ズッコケ男道」も、昴君の通る声と共に皆で合唱。
最高に幸せで、これもチケット分のコストを超越するプライスレスな気分で帰宅。
ああ、2012年も終わる。




ちなみに、標題は「ツブサニコイ」というバラードの一節。
これいいよ。
「つぶさに」とはヤフー辞書によると、
@細かくて、詳しいさま。詳細に。「事の次第を―報告する」
Aすべてをもれなく。ことごとく。「―点検する」
という意味のを持つ副詞。
すべてをもれなく恋、という意味ですね。
ちょっと解釈が難しい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

保護者として聴講に行った広島県私学フォーラムの最後に、
山陽高等学校の和太鼓の演奏があった。
山陽高等学校って、西条秀樹の母校だよな、とか思いながら聴きはじめたら、
すごかった!
http://www.aurora.dti.ne.jp/~cantabo/taikotop.htm

男子高校生(女子高生は一人のみ)が、
リズミカルにダイナミックに大小さまざまな和太鼓を打ち鳴らすのだ。
太鼓を打つしなる手首、笛の音色、かけ声も効いている。
何より、皆、楽しそうなのだ。
演奏終了後の拍手は、長かった!それくらい、感動した!

これは、自分の息子が演奏していたら、嬉しくて嬉しくて仕方がないだろう。
日本代表として、海外遠征も行っているクラブらしい。

私が彼らの親ならば、海外だろうがどこだろうが、どこでもおかっけするな。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

アイドルのその後

1980年代に一世を風靡したアイドルや歌手たちのほとんどは、
加齢とともに声が出なくなる。
アイドル大好きだった私にとって、テレビ越しに見ていて非常に切ない。

ただ、それは彼ら彼女たちがボイストレーニングを怠っているからだと思う。
というのも、私は今の職業について12年目だけれど、
毎日とは言わないまでも、毎週何回か講義をするうちに、
年々声が出るようになっているのだ。
だから、声が出ないのは、加齢のせいではなく、日々のトレーニング不足だと思うのだ。

私が生まれ変わったら松田聖子になりたいと思うほどファンな聖子ちゃんも、
残念ながら声が出ない。

その中で、還暦まで数年の郷ひろみは、自己を律してちゃんと歌える。
また、少し前にテレビに露出した工藤静香は、相変わらずの声量と伸びる声だった。
(だてに、キムタクと結婚しているわけではなさそうだ)
そして、先ほど関ジャニの番組に出ていたマッチ!
アイドル時代より、ウマイし、お腹から声が出て聴きやすい。
感動した!
これは、スニーカーブルースも報われるだろう。
(総じて上から目線な文章で、すみません。それだけ、アイドルが好きなのです)

今日は、ママ友とジャニーズ談義で盛り上がったが、マッチのコンサート、行ってみたくなった。
誰か行くなら、誘って!
posted by H.A at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

喉にひっかかっていた小骨

毎朝、朝食とお弁当を作りながら、FMラジオを聴く。
ラジオから流れてきたコブクロの歌が気になった。
初めて聴いた曲だったので、シングルカットはされていないと推測。

もう一度聴きたい!

コブクロの出した曲一覧等、調べた調べた・・・
ようやく、発見。
“Million Films”という歌。
http://www.uta-net.com/song/20743/

小骨がとれた感じ。
posted by H.A at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

秋の夜の帰り道に

朝晩冷えてきました。
わざわざ言うまでもないですが、秋です。

三次から秋.jpg

押し入れに頭を突っ込んで探した来生たかおのCD。
彼の声が、陽の落ちるのが早くなりつつある秋の帰り道によくあいます。
決して、センチメンタルになっているとか、そういうわけではありません(きっぱり)。

来生たかおCD.jpg

特にお気に入りが、「Goodbye day」。
毎日、何事もなく穏やかに一日一日過ぎていくのが、いいね、という穏やかな歌。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36950
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

♪またどこかで会えるといいな その時は笑って

これまで何度も聴いたことのあるミスチルのinnocent world。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND7632/index.html

雨の中、運転をしていて、
♪物憂げな六月の雨に打たれて
のフレーズに、びびっときて、
♪愛に満ちた季節を思って歌うよ
で、しびれた。

何度も聴いていたのに、聴くときや年齢や環境で受ける印象が異なるという
音楽の力というのは、すごいねえ。
posted by H.A at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

♪蠍の毒は、後で効くのよ!

地方都市で、席数2000の会場の昼夜二公演は無謀ではないかと思っていた私。
そう思う私が観に行きたくて、行ってきました、コロッケのコンサート。
美川さんとのジョイントでしたが、私の興味の対象は、コロッケさん。

コロッケコンサート.jpg

平日の夜にも関わらず、老若男女混合で、びっくりの満席。
S席、A席、B席とお値段がぐんぐんと違ったのですが、S席は近くまで2人が来てくれて、
握手までできるのですから、その料金の差異の理由に納得しました。

昔ながらのファンが多いらしく、1階席を練り歩く二人に、花束の嵐!

「地方都市で、席数2000の会場の昼夜二公演は無謀」などと思った自分、大反省。
お二人に失礼なことこの上ないですね。

自分の興味関心の範囲だけで、自分の価値観だけで、物事を見るというのは
大きな間違いを起こすことを認識しながら、さそり座の女を聴きました。
posted by H.A at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

胸が苦しくなる想い

車の中に流れてきた静かなメロディと歌詞に、心を奪われた。

♪今日は、少しいやなことがあった
 誰に話しても、なんか切なくて
 ねえ もしも君だったら、優しく聴いてくれたかな・・・

そのまま女性シンガーの声に耳を傾けていると、
少し前にソニーウォークマンのCMソングだった西野カナの「たとえ どんなに」だった。
(ちょっと時代遅れですが)

CMソングなので、
♪たとえどんなにどんなに強く・・・ というサビのところは、よく耳にしていたが、
全部を聞いたのは初めてだった。

喪失感を歌っているので、歌詞が切なくて、胸が苦しくなる。
いい年をして、失恋ソングで胸が苦しい???というわけではない。

波が徐々に押し寄せるように、攻め立てるように、高音にガンガン上がっていく曲調と、
ここまで高い音を、この歌い手は、ちゃんと声を出せるのだろうか?という心配で胸が苦しくなるのだ。
余計なお世話といえば、それまでだ。

と、心配をしながら、カラオケで自分の持ち歌としていけるかどうか考えた。
そして、早速練習に行った…近所のカラオケ屋に…
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

生きる力を呼び覚ます、音楽の力

先般、有楽町の慶楽という中華料理屋でお腹を満たした後、

慶楽の杏仁豆腐.jpg

加山雄三さんのライブに、おじ様たち(偉い先生方と社長さんですが)といそいそと出かけました。
題して、加山雄三研究会。
研究会主催者の方の人望により、ライブでは私たちは、一番前の席。
ありがたいことです。

それにしても、御年75歳の加山雄三さんの、お元気なこと。
一番前ですから、表情はもちろんのこと、肌や体毛などもじっくり見ることができるのですが、
ピチピチです。
話も面白いし、声量もある。
当然、クチパクではない。
ジャニーズの若い皆様方にも、クチパクでなく歌っていただきたいものです。

そんなこんなの有楽町の夜。
研究会参加者4名は、それでなくても元気なのに(すぐ身体が悪くなるけど)、
一層元気になって帰途についたのでした。
posted by H.A at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

毎週、日曜日の夕暮れに心に思う、ささやかな願い

日曜日は、極力ゆっくりしたい。
そして、夕食の準備をしながら、16時からの福山雅治のラジオを聴くのが、何よりの楽しみだ。
今日も、無茶苦茶面白かった。
これだけの番組をタダで聞けるのだから、ありがたいものだ。
番組のスポンサースズキだから、先般購入した軽自動車をスズキのにしておけばよかったと思うくらいだ。
(キャロルなので、マツダがスズキからOEM供給を受けているのですけどね)

福山さんは、心があったかいし、頭がいいねえ。
いつか、一緒にお仕事ができますように。
(言うのはタダだからね。言ったら叶うかもしれないしね。)
posted by H.A at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

職人

大晦日に京セラドームまで、関ジャニ∞(かんジャニエイト)のコンサートに行ってきました。
初めての関ジャニ∞コンサート参戦です。

ジャニーズの、“数は力”のエンターテイメントは、相変わらず圧巻です。
おまけに、舞台装置が派手!見ごたえ満載でした。
恐るべし、ジャニーズ。

さて、関ジャニ∞、メンバーは7名ですが、私のイチオシは、
渋谷すばる(しぶたに すばる)君。
一番小柄なのですが、めちゃくちゃ歌がうまい。それから声量が半端なくある。
あの華奢な体から、よくあれだけの声が出るものです。
なので、他のメンバーと聞こえてくる声の大きさや伸びが違うのです。

そして、コンサートに行ってわかったのですが、
彼は、歌を歌うことのみに全力を注力しているのです。
しゃべりも下手だし、観客に手を振ったり、視線を送ったりすることも少ないので、
サービス精神としては劣るかもしれないけど、そこがいい。
歌う個所が他のメンバーより多いので、それどころではないのだとも思うのですが、
シンガーとしての業をひたすら全うする、という姿勢に「職人」の粋を感じました。
posted by H.A at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

なんぼのもんじゃい

Fight.jpg

今年の大みそかは,関ジャニ∞のコンサートに行きます。
カウントダウンではなく,13時からの部です。残念。

ところで,この中に「もんじゃいビート」という歌があります。
テンポの良い元気の出る歌です。

リピートされる「なんぼのもんじゃい」とは,関西弁ですが,
意味は,なんとなくわかります。

他を批判する主体に,批判するだけの価値があるのか?
いや,ないだろう。
たいしたことないくせにガタガタ言うな!

といったニュアンスでしょうか。





そういえば,似たような言葉を聞きました。

「それがどしたんや」です。
広島弁ですね。

何かことを成そうとすると,多くの反対や批判,中傷,嫉妬を浴びます。
それをいちいち気にしていては,ことが進みません。
ですから,ガタガタ言う相手には,
「それがどしたんや」と一喝する。

これは,そうやって雑音をはねのけて,
事業を拡大してきた企業の社長さんの言葉です。



また,長淵剛が,似たようなタイトルの歌を歌っていました。
「ふざけんじゃねえ」です。
これは,共通語ですね。

歌詞を見てみると,自分の通る道を邪魔するな!という意味のようです。
「どけ」とか「失せろ」の語も使われています。
ダイレクトな表現ですね。


以上、
「なんぼのもんじゃい」
「それがどしたんや」
「ふざけんじゃねえ」
の三語について述べてみました。

これらを、もっと短く言うならば、
私が時折使う「けっ」というところでしょう。
posted by H.A at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

ワイパーを動かすつもりが、ウインカーが点くことがありませんか?

豪雨の中、帰還。
ワイパー最大速でも、全く前が見えず。
国道2号線では、対向車から何度もざぶーーーんと波をかけられ。
端によって待機しようにも、
サイドミラーが良く見えないため、よれず。

あまりに怖いので、ミスチルの
Overとか
Loveなど、
桜井さんが若いころに作った歌を聴きながら運転。

にもかかわらず、頭の中では、原田知世の
「雨のプラネタリウム」が流れる。
ふふふ、なかなかニッチな選曲でしょ。
この曲が分かる人がいるだろうか・・・


今日は、朝から忙しかった。
お疲れ様の私に、コラーゲン入りカルーア豆乳。
あっ〜 五臓六腑に染み渡る〜。

豆乳カルアミルク.jpg
posted by H.A at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

雨上がりの夜

昨夜は人口120万弱の広島市で、5万人が集まるイベントがあった。
ものすごい活気と一体感、
集客対象は老若男女という年齢の幅の広さ、
家族やカップルや友人たちという多様な組み合わせ・・・


そのイベントとは、広島ビッグアーチで行われたMr.チルドレンのコンサート。

ミスチルファン歴の長い弟夫婦が、
屋外コンサートに不慣れな私のぶんも、
お水や雨合羽などを用意してくれましてね、ありがとね。

さて、このコンサート、雨上がりの夕刻から夜まであった。
♪雨上がりの広島(東京)の夜さ・・・(「君が好き」より)

5万人が桜井さんの歌で一体となり、
スタンド席から見ていると一種、異様な雰囲気ともいえなくもないが、
私も異様な雰囲気を率先して作った一人だ。

私の好きな「くるみ」と「光の射す方へ」はなかったけど、
私がいつもお風呂や車の中でシャウトしている「終わりなき旅」を
アンコールの最後に歌ってくれたのは最高によかったなあ。


後味の良い、一夜明けた今でも、温かで熱くて静かな余韻の残るコンサートでした。






地域活性化とかまちづくりとか、地方都市ではしばしば課題にあがるが、
ミスチルを月に一度招聘すれば、効果的な活性化につながるよ。と思う。
posted by H.A at 06:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

少年A達

先般、DVDで「告白」を観ました。
(映画、面白いです。
 小説を読んでいても、映画のつくりが高質ですので、
 一見の価値ありです。)

そこに出てくる少年A役の男子がかわいい。
調べてみると、西井幸人君という名前のようです。
今、彼はフジテレビの
「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」にも出ているようですね。

このドラマと同様に、イケメンたちが出ているドラマが、
TBSの「美男(イケメン)ですね」です。
それに出ているのが、私がこれまで何回か不本意ながらコンサートに行った
Kis-My-Ft2の2名。
http://bouchukan.seesaa.net/article/185657734.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/148390432.html

そのKis-My-Ft2が、今日明日と広島でコンサートを行います。
ジャニーズジュニアに所属するKis-My-Ft2は、
ようやく8月にデビューすることが決まりましたので、
デビュー記念コンサートとなるようで、盛り上がるでしょう。

我が家の女子高生が、両日ともコンサートに行くと張り切っており、
不本意ながら私もどちらか付き添う予定でした。
が、しかし、
両日とも、連れが見つかったらしい。

がーん。

なので、私はお役御免となったわけです。
すわなち、私はKis-My-Ft2のデビューコンサートに行けない・・・

いえ、いいんです。
これまで、いやいや行っていたのですから・・・


昨日のミュージックステーションに、Kis-My-Ft2は出ていましたから、
今日、東京から移動するのでしょう。
新幹線か飛行機か。
広島駅か広島空港ではっていたら、会えるかもしれません。

宿泊はリーガでしょうか。。。ANAクラウンプラザか・・・
はっていたら、会えるかもしれません。

ま、どうでもいいですけどね。
ささ、今夜はリーガに食事でも行くかな。
藤ヶ谷太輔君に会えるかもしれないし( ̄‥ ̄)
posted by H.A at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ハート

携帯電話をシャープからNECに変えたら,
派手なメールが簡単に作れる機能が搭載されていた。
面白いので,無駄に賑やかなメールを送っている。

派手なメールを作る方法は二種類ある。
まず,テンプレートが決まっているもの。
例えばソフトバンクのお父さんの犬が「あ,すみません」と言っていたり,
バザールでゴザールのお猿さんが「おはよう」と言っていたりなど。

もう1つは,「おまかせ」ボタンを押すと,
キーワードに合わせた雰囲気の絵柄が加わるものだ。

作る側の私は,どちらも楽しい。
ただ,前者は決められたテンプレートなので,
良いのだけれど,
後者の「おまかせ」は,これは恥ずかしいだろ!
というような派手すぎる絵柄になることもある。

特にハートマークは恥ずかしい。
ハートはないだろう,とハートだけ削除することになる。

いい年をしているのだから,そこそこ品のあるメールにしたい,
とこれでも思っているのだ。
派手なメールを既に受け取られた方は,
そうかな?とお思いかもしれませんが,
それはそれで大人の対応をよろしく・・・。







ところで,中山美穂の歌に,
「Hurt to Heart〜痛みの行方〜」というのがあるのをご存じか?
Hurtと,Heart。
発音記号が異なります。

私は,どちらも「はーと」になりますが。
上記のブログ記事を書きながら,
この歌を,TOEIC満点に近い人の前で歌ったことを突然思い出し,
これまた恥ずかしいことをしたもんだと思った次第。
(英語ができる人の前で,英語を歌うのは,恥ずかしい,という意味です)
posted by H.A at 19:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

Radio Box

広島では木曜日の19時からFMで、
TOKIOの国分太一がパーソナリティをしている
Radio Boxというラジオ番組を聴くことができます。
それを私はJステ出演帰りに聴きながら帰るのですが、
あったかくていい。

昨夜は、こんな話。
デビュー前からTOKIOのライブの時には、
太一さんのご両親が必ず観に来られる。
ライブ後は、太一さんはご両親と食事に出かける。
先日は、初めて回らないお寿司をご馳走したと。
ご両親はライブの感想をおっしゃいながら、
美味しそうにお寿司とお酒を召し上がっていたと。
何ともあったかいお話。

面白いのは、
デビューしたての頃、ライブ後焼肉屋さんに行ったら、
お父様が、日ごろはご飯なんておかわりしないのに、
「ご飯がおいしい」とご飯を2杯食べたと。
きっとご馳走してくれる息子に遠慮していたのだろうと。
あれから15年近く経ち、先日は上記のようにお寿司屋。
お父様もお母様も、遠慮なく飲む。
お父様に至っては、「大将、あんたもどうだい?」とお酒をすすめる。
それ、払うのは全部俺なんだけどね、と嬉しそうに話す太一さん。


というような話をジャニーズ男子(といってもTOKIOですから、いい年ですね)がするわけです。
なかなかね、聴きごたえがあります。





ちなみに、私、先日ジャニーズのファンクラブに入りました。
You&JというNEWS,関ジャニ∞、KAT−TUNのファンクラブ。
入会の際には、どのグループのファンで、誰が好きかを書かねばなりません。

かかかっ!
さあ、どのグループで誰を書いたでしょうか?
posted by H.A at 07:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

メリーアン

同世代の助手さんから,いただいた。

アルフィー.jpg

どこのお土産ですか?と聞いたら,
なんと,アルフィーのコンサート会場で売っていたアルフィーのお菓子とのこと。

確かに3人によく似てる!

♪メリーアン Won't you stay for me!
posted by H.A at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

涙がこぼれないように

ドラマ「美女と野獣」で福山雅治が演じた職業と同じ仕事をする人が、
サントリーのCM(♪上を向いて歩こう を数人のタレントが順に歌うアレ)が、
同社のHPにあることを教えてくれた。

えいちゃん(矢沢永吉)と聖子ちゃん(松田聖子)が、
ダントツに歌がうまいという。

気になっていたCMだっただけに早速チェック。

http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/l_s/corp.html?fromid=movt_corp

私は松平 健もウマイと思います。
それから、佐藤 健(韻を踏んだわけではありませんが)も。
壇れい もウマイ、という意見もありましたが、
べっぴんだなあと思いながら見ました。

全部チェックしていると1時間くらいあっというまに経ちます。

いい歌でホロリときます。
上を向いて歩きます。
posted by H.A at 10:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

押入れから引っ張り出したCD

キャンディーズ。

キャンディーズ.jpg

「危ない土曜日」が一番のお気に入りです。
なにしろ,スーちゃんがセンターですから。
サビの,♪もっと〜もっと〜 もスーちゃんですから。

Youtubeでキャンディーズを見ていたら泣けます。
かわいいし,ちゃんと3人で,はもっている。
(最近のグループは,男女とも,一斉合唱か,順に歌うだけで,
 聞いてて面白くありません)

次回、池袋カラオケ大会は、キャンディーズメドレーを。
「危ない土曜日」の踊りを練習しておいてください。
posted by H.A at 18:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

幻のコンサート

いつも髪の毛を切ってくれるランプのマネージャー沖田さんが誘ってくれたので、
実は3月10日(木)に、広島グリーンアリーナで行われた
福山雅治(以下福山さん)のコンサートに行くことができました。

福山雅治コンサート.jpg

翌日の3月11日に大震災が起こり、日本全体がいろいろなことを、
中止したり延期したり、ということになりました。

福山さんのコンサートも、3月12,13日と広島で予定されていたものも然り、
その後の埼玉アリーナ、北海道、宮城と、
いったん中止の上、延期。

先日、福山さんのラジオを聞いていると、
4月16日の三重のコンサートから再開するとのこと。
しかし、華美なステージセットは使用せず、その分席を増設し、
その席を「東日本応援シート」としてチケットを販売するとのこと。
そして「東日本応援シート」の収益は全額、日本赤十字社を通じ被災地に寄付するとのこと。

http://www.fukuyamamasaharu.com/sp/thelivebang/

なるほど。
ファンへの気配りと、震災した現地への配慮と、両方を兼ね備えた決断と思います。

3月10日に私が鑑賞したコンサートは、
当然ライトがガンガンで、花火もボンっと、
かつステージ後方にはいくつものモニターが左右数列に並べられ、
それが前後に動くことで3D風に見せる非常に立派なセットでした。

おそらく次からのコンサートは、そうしたものはなく、
ギターといくつかの楽器で音楽を奏でるのでしょう。

そうしたシンプルなコンサートのほうが、福山さんの良さが引き立つような気がします。
また観客も、ジャニーズとは異なり年齢層が高い。
よって、あまり派手にガンガンピカピカするのは、
なんだか居心地が悪い(様な気がしました、私は)。

新たなというか、昔のフォークソングコンサートのような形に
期待したいなあと思います。

3/10に見たあのコンサートセットは、もう見ることはないのでしょうね。
posted by H.A at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

数の論理

東京は,この冬一番の寒さといわれた先日,代々木体育館は満席。
雪が降り続く外では,チケットを求めるプレートを掲げる女子がたくさん。

昨年はVol.2でしたが,
今回はVol.3のKis-My-Ft2(キスマイフットツー)コンサートに行ってきました。
http://bouchukan.seesaa.net/article/148390432.html

キスマイVol.3.JPG

彼らがいちいち動くごとに,若い女子たちがあげる黄色い声は健在だし,一層大きい。

それにしても,Kis-My-Ft2の周囲で踊る華奢なジャニーズジュニア達の多いこと。
ジャニーズ見てると,数は力,をしみじみ感じます。
AKB然り,モーニング娘然り,宝塚も(?)。
posted by H.A at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

余計なお世話

ここのところずっと気になっていた。
テレビでマッチは見るのに,なぜトシちゃんがいない?

気になって仕方がいないので,調べてみたら,
1994年にジャニーズ事務所から独立していたことを,
今更ながら知った(ウィキペディア情報です)。

となると,事務所がジャニーズではないことが,
露出の少ない要因か?
他にも要因があるかもしれないが,
ジャニーズの力,恐るべし。

そうはいえ,トシちゃんは芸能生活は継続中で,
ディナーショーもするらしい(行きたい)。






お小遣いを握りしめて,トシちゃんのレコードを買いに走ったのは,
遠い昔,私が中学生の頃だ。
あのしなる身体と,切れのいいダンスは,
古今東西かつ老若含めた他のジャニーズメンバーにおいて,
なかなか見られるものではない。

サッカーのカズや,郷ひろみのように,華のあるトシちゃんには,
今後も引き続きかっこよくいてもらいたいものだ。

そんなことを切に願う無茶苦茶忙しい10月の終わり。
寒いし。
posted by H.A at 06:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

秋の夜にジャズを聴く

マツダ時代の同期が,歌を生業にしたいと,今でも続けており,
ホテルのバーやジャズバーなどで,時折歌っている。
日本酒屋さんが作った新しいバーで歌うというので,
先日,初めて拝聴しにでかけた。

ジャズライブちらし.jpg

大学時代を関西で過ごした彼女は,
大江千里が先輩だという軽音楽部に所属し,
綾戸 智恵にジャズを教えてもらったらしい。

今では,4つ年下のご主人と,2人の子どもに恵まれ,
家では肝っ玉母さんだ。
(自由奔放かつスパルタな教育方針は,おおいに学べる。)

そんな彼女ではあるが,ステージ上では,
きらきらとお化粧をし,ドレスを着て,
気持ち良さそうに歌っていた。

ジャズライブステージ.jpg


企画や人集め等で大変だ,とは言っていたが,
ジャズは,きっともっと年をとってからの方が味が出ると思うから,
是非,この音楽活動は続けてもらいたい。

posted by H.A at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

日本の歌

昨日の羽田ー広島便は、帰省客で満席だった。
乳幼児を連れた若い夫婦が、周囲に気を使いながら子供を座席であやす様子は微笑ましい。
私も体が丈夫だったら、もっと体力があれば、野球チームができるくらいにたくさんの、子どもが欲しい。

そんな未来を担うチビっ子がたくさんいる飛行機の中で、
私は、活字を追う気にならなかったので、飛行機内の音楽を聴くことにした。
クラシックは、もっといい音がよいし、現在のJ-POPは誰が誰やらさっぱりわからない。
おおおっ、その中で、「日本の歌」というジャンルは、
私の両親が喜ぶであろう世代の選曲ではあるが、これが一番しっくりくる。

たとえば、小川知子の「初恋のひと」。
「夜のヒットスタジオ」が過去の放送を振り返る時、必ず映し出すのが、
恋人(福澤諭吉の曾孫)が交通事故で亡くなった後に泣きながらこの曲を歌っている小川知子だ。
昨日の飛行機の中で、初めてフルコーラスで聴いた。

次に村田秀雄の「夫婦春秋」。
これは私が幼いころ、父がお風呂で鼻歌で歌っていた。

♪ ついて来いとは言わぬのに、黙って後からついて来た。
  俺が20歳で,お前が19・・・


って、今だったら若気の至りだ、若すぎるから駄目だと反対される年齢だろう。
ついて来いと男子が言わない、というのは現在の草食系に通ずる。
現在の動物系女子、はついて行くかな、というか、先を歩くかな。
などと乳幼児に囲まれながら考えていた。

そして村田秀雄が最後に唄う。

♪ おまえ〜










広島空港は、子供家族を迎えにきたおじいちゃんおばあちゃん達で、そりゃもう大騒ぎさ。
posted by H.A at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

大きな声で言えないけど

最近、テレビをつけると、
復活した安全地帯が、あの頃の歌を歌っている姿をよく見かける。
安全地帯のファンであったわけではないが、
心は1980年代へジャンプ。

玉置浩二の顔が、なんとなく忌野清志郎に
似てきたような気もするが、
青田典子がフォーリンラブするのもわかるような気がする。


今は10時就寝の私も、
“ミラーボール”とか“夜”とか、思い出して元気になる。



超氷河期に就職時期を迎えた池袋の勉強仲間が、
「バブル時期に青春を迎えた世代は楽観的すぎる」と言っていた。
なるほどな、と納得する。



バブル時期に青春を迎えた世代は楽観的なので、無駄に強いのですよ、明智君。
posted by H.A at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

拍手ではなく、黄色い声

中年の皆さん、
Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)というジャニーズのグループをご存じだろうか。
ジャニーズジュニアの、といっても皆20歳前後の7名の男子からなるグループで、
デビューしていないにも関わらず、昨年より全国コンサートツアーをしている。
顔が小さくて、足と手と首と指の長くて細い男子たち。

先般、チケットが余ったので、14歳の女子二人と待ち合わせ、いたしかたなく行った。
遅れていってもいいか、とか、先に帰ってもいいか、座ったままでもいいか等、
ぶつぶつ言いながら行ったのだけど、
鑑賞しているうちに、ジャニーズマジックにはまった。
恐るべし、ジャニーズ。

コンサートの構成や、会場の作り、また2時間半ぶっ通しで歌って踊る躍動感。
すばらしい!!!

コンサートツアーは続いているので、詳細は避けるが、
持ち歌の少ない彼らは、ジャニーズの先輩の歌をも歌う。
これが中年心をくすぐる。

1曲終わるごとに、やんややんやと私は拍手を送りたいのだけど、
コンサートに来ている10代の女子達は、拍手はしない。
会場に響き渡る黄色い声が、やんややんやの気持ちの表れだ。

体力のない私にはちょっと長かったが、
コンサート代に相当するだけのクオリティはあったなあ、と思う。

ちなみに、Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)は、
デビューしていないので、10代や20代の女子も知らない子が多い。
嵐もブレイクまでには数年を要した。
さあ、手足が長くて顔の小さい彼らが今後どうなるか、楽しみに見守りたい。
posted by H.A at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

何歳になっても頑張る姿は感動を与える

広島きらきら母交響楽団という,
主に子育て中のママたちによるオーケストラとアンサンブルの
会がある(らしい)。
http://kirakyo.web.fc2.com/home.htm

幼いころからフルートを習ってきた義理の妹(弟のお嫁さん)がそれに参加しており,
このたび小さな発表会があるというので,いそいそと応援に出かけた。

交響曲.JPG

冒頭のべートーベン交響曲第7番第1楽章から非常に感動した。
皆が一生懸命なのが伝わってくるのだ。
子育てでいろいろと大変な中,皆が時間をやりくりして練習したり合わせたりしたであろうことが推測される。
演奏している周囲では,彼女たちの小さなお子さんがちょろちょろしたり,泣き叫んだりしているが,
それそれで演奏の風景に入り込んでいて,不思議と気にならない。
おまけにママだけでなく,パパも数人いる。

後半は,シューマンのピアノ協奏曲だった。

ピアノ協奏曲.JPG

こうした草の根的な文化活動が,こうして活発になされているのはいいねえ。
(カラオケしかできない私が生意気にすみません)
アマチュアが頑張るからこそ,プロの良さも味わえる。
http://bouchukan.seesaa.net/article/73925276.html

11月にはもっと大きなホールで公演が開催されるそうなので,
楽しみにしている。

posted by H.A at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

続♪あなたを待てば雨が降る

日曜日に,以下の記事を書こうと,歌詞をwebで調べていたら,

http://bouchukan.seesaa.net/article/141106283.html

なんと,歌碑があることを知った!

これは,すぐに確認せねば!と,早速一昨日の水曜日に見に行った。
わざわざ。

ありましたよ,有楽町のど真ん中。

歌碑(有楽町で逢いましょう).JPG

マリオンの前。
閉店するという西武デパートの前。

名残惜しいSEIBU.JPG





一人で,これらを写メするのは恥ずかしかったが,
まあいい。
にしても東京は寒くって,
るんるんあなたを待てば雪が降る  でした。
posted by H.A at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

Sleeping Beauty

先週のこと。

「毎日眠たくてたまらない、
 きっと私は“眠りの森のお姫様”だ」と、

マブダチにくだらぬメールをした。

マブダチからは,

「目覚めなさい」


神様のお告げのような返信。

それとともに、最近、聖子ちゃんの
Sleeping Beautyという曲を好んで聴いている、とも書いてあった。

そりゃまた昔の曲を聴いてるねと思ったが,
単純な私はすぐに同曲を聴きたくなり、
押し入れに頭をつっこんで,CDを探し見つけたわーい(嬉しい顔)


SEIKOちゃんCD.JPG

当然,他の懐かしい曲も楽しんだ。
聖子ちゃんの20歳前後の,青いレモンのはじけるような
透き通った歌声は、聴いてて元気になる。


(「赤いスイートピー」あたりから
 歌いすぎからか声が枯れてきましたね)
posted by H.A at 06:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

モーツアルトとブラームスとベートーベンと

昨夜、のだめコンサートに行きました。

のだめコンサート.JPG


第一部は、マンガやドラマで取り上げられたいろんな音楽。
第二部は、ブラームスの交響曲第一番をフルで。
ベートーベンの第7は?と思っていたら、アンコールでダイジェスト版を。
うーーん。
人間の欲は限りがない・・・もっとベートーベンを聴きたかったな。


かわいいマングース.JPG


2008 夏休み最後の思い出。
posted by H.A at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

危ない土曜日

社会に対する企業の責任に関する議論は、
1950年代からはじまったとはよく言われることです。
特に1970年代には議論が盛んであり、
今に至る多様な研究は、1970年代の議論が基軸になっていると思われます。

これは日米に関して言えることで、
2010年を直近に控えた今読んでも、70年代の文献は大変興味深く、読み応えがあります。














何だか、固いことを書きましたが、
これは、日本の歌謡曲においてもいえること!!!
ぷぷぷっ。


以下は、1970年代に発売された曲の一箇所。
歌手と曲名がわかるかな?明智君。


その1

時の過ぎゆくままに・・・.JPG


その2

改札口で・・・.JPG


その3

恋の夜がまわるの・・・.JPG


posted by H.A at 18:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

旅路の果てまでついてくる

くちなしの白い花の香り。

2008年6月くちなし.jpg
posted by H.A at 05:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

だまって俺についてこい

朝起きたら声が出なかった。
風邪で喉が痛かったところに、3コマ連続授業で叫んだというのも要因。
何よりも、車の中でドリカムの歌をシャウトしたのが、
よくなかったのだと思う。

今、はまっているのは「大阪LOVER」。
遠距離恋愛がテーマで、
結婚に踏み切らない男子への女子の切ない気持ちを歌い上げるのが、
なかなかよい。
想像力豊かな単細胞の私は、感情移入をして、声が出なくなった・・・バカです。

さて、私の周囲では、30歳を越えたカップルにおいて、
結婚にいたる過程が類似している。

おおよそ、女子が、
「私は結婚というものをしたい、
 貴方は、私と結婚するのかしないのか、
 しないのなら、貴方と付き合う時間がもったいない、
 さあどうする?」
と訴え、
男子が「ならば・・・」
と、結婚に至る。

結婚の是非の議論はおいておいて、
とにかく結婚は、したか、しないかが大きな問題だ。
略奪婚だろうが、できちゃった婚だろうが、長い間同棲したからけじめつけます婚だろうが、
過程はたいしたことではない、といえよう。






と、歌やら、人の結婚事情やらで、いろいろ考える私。
個人的には
「だまって、オレについてこい」っていうのがいいなあ。



















ここで、多くの方が勘違いをなさっていることでしょう。
私が「ついてこい」というのではないのです。
「ついてこい」と言われるのが、すきなのです。



posted by H.A at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

帰ろかな

両親への孝行も早々に、北島三郎をゆっくり見たさに、自宅へ。
間に合いました。

おはまさん、maimaigoatさん、コメントありがとうございました。
「昭和」はまだ生きてますね。

北島三郎.JPG




終わりよければ、すべて善し。

いい年でした。
posted by H.A at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅白歌合戦

今 実家で紅白歌合戦を見ている。
今日の新聞に歌う順番や曲目がないo(><)o
実家なのでパソコンもない(*_*)

北島三郎が何番目で何を歌うか知りたい(−_−メ)
posted by H.A at 19:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

大人の恋のほうがせつない

めざましテレビで、ドリカムの吉田美和が、
亡くなった夫に捧げる歌をCDの最後に入れたと話していた。

買ってみた。

CD ドリカム I LOVE YOU.jpg

年をとると、涙もろくていけない。

ちなみに、初版を買うとDVDがついてくる。
よくあるCDのメイキングビデオじゃ、邪魔だなと思っていたら、
ちゃんとミュージックDVDだった。

DVD ドリカム.jpg

このブログを読んでる人の中に、きっと
ブレーキランプ5回踏んだ人がいるのでしょう。

ハザードとか、ウインカーを代わりに5回してたりして・・・ひらめき
posted by H.A at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする