2021年08月15日

兵営跡と練兵場

丸の内に新しくできていたキャラメル屋さん NUMBER SUGAR へ。
以前、いただいて美味しかったので。

それにしても、丸の内の通りは、いつ来ても美しい。
IMG_2283.jpg

世界あちこちに美しい街はあるが、丸の内は一、二を誇る美しい街並みだと思う。
IMG_2284.jpg

以前、丸の内の街づくりについてオンラインで学ぶ機会があったが、
三菱の至宝展がらみで、再度調べるに、
(参考HP https://www.mitsubishi.com/ja/profile/history/series/yanosuke/09/
岩崎彌之助さん(二代目ね)が丸の内の土地を購入したのは、
1890年(明治23)年3月。

江戸時代には武家屋敷だったそのあたりは、
明治維新後、宮城警護のための兵営になり、練兵場も出来て、丸の内は軍の町となったらしい。
首都の陸軍は、より大きな敷地のある赤坂や麻布へ移っていっらしく、
丸の内はさびれていたらしい。

麻布に煉瓦造りの近代的な兵営を建てるために、
丸の内の土地を売却しようとした政府の売却希望価格は高く、買い手がつかず。
(澁澤栄一さんも考えたがNG)
結局、「国家あっての三菱です。お国のために引き受けましょう」と
岩崎彌之助さんが買われたとのこと。

で、いろいろあって今に至るようです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

三菱の志宝展

明日から再びの緊急事態宣言という日曜日、
気になっていた三菱の志宝展@三菱一号館美術館 鑑賞にGO。

IMG_2063.jpg

IMG_2073.jpg


岩崎弥太郎さんと、現在の大河ドラマの渋沢栄一さんは、仲が悪かった、ということもあり、
そうはいえ、二人が日本経済の立役者であったことは間違いない。
などと思いながら、歴史ある建屋の雰囲気もあいまって、
「志宝」を味わえる非常に充実した展示でした。
さすが岩崎家。

絵画などの芸術作品はもとより、
嫁入り道具であったとされる源氏物語セットなどの文学もの、
お茶道具、宗教関連に記録など、私のような素人も感嘆するものばかり。
優雅な歴史・芸術・文化探訪のひと時でした。

IMG_2066.jpg

時間制の予約で入館しましたが、今日のうちにと思う人が多いのか、
賑わっていました。

暑いし、観たいしで慌てていたら、途中で扇子を落とす始末。
鑑賞後は地下の防災センターに取りに行くというおまけまでついた有意義な日曜日。


店の正面におかめの面を掲げ、ひたすら笑顔で応対することに努めたということで、
おかめ。
IMG_2070.jpg
posted by H.A at 08:27| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

散歩がてら吉良上野介さん

たばこと塩の博物館に行くのに、散歩に適した距離を歩こうと森下駅で降りた。
森下から北西へ、両国にある吉良上野介邸に向かいましょう。
今は、本所松坂町公園

IMG_1491.jpg

吉良さんと桜。
IMG_1494.jpg

赤穂藩主・浅野長矩との一件で吉良さんは、
八重洲のあたりのお屋敷から、こちら両国に流されたと(表現がよろしくないかも)いうか、移らされたらしい。
結局、こちらで赤穂浪士の皆さまの敵討ちにあった、とのこと。
(赤穂浪士の皆さんは、両国から、港区の泉岳寺まで歩くのだから、遠い!

私の散歩なんて、可愛い、可愛い。

ちなみに、ここからたばこと塩の博物館までは徒歩で45分。
スマホの地図では近く見えたのだけど、結局汗だく。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

たばこと塩の博物館

日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)設立の たばこと塩の博物館。渋谷時代には一度行ったことはあったが、
2015年4月に移転・リニューアルオープンした墨田区のこちらに、散歩がてら初訪問。
IMG_1496.jpg

まずは、塩。
日本には、岩塩や塩湖が無いため、昔から海水を原料として苦労を重ねてきたらしい。
明治時代の1905年に、塩専売法制定、塩は国の大事な収入源。
昭和60年は1985年に、専売公社から、日本たばこ産業株式会社へと私企業化し、
たばこは自由競争となったものの(規制はあります)、
塩は、国から専売として、日本たばこ産業株式会社に委託され続けた。
平成9年1997年に塩専売法廃止、塩事業法が施行。
平成14年2002年に原則自由化、とのこと。

自由化されたのは、ついこの前、ということだ。
IMG_1497.jpg

さて、たばこ。
これはキリスト教伝来とともにヨーロッパから伝わった。
IMG_1500.jpg

江戸時代より、幕府はたばこの栽培も製造も販売もNGと、いろいろなオフレを出したらしいが、
嗜好品として非常に皆がすき好んだようで、禁止令を作っては流れる・・・といった感じだったらしい。

当然、たばこも明治政府の大事な収入源。
昭和に入ってからのポスターには、
「今日も元気だ タバコがうまい」や「手土産にたばこ」の文字。
今そんなこと言ったら、大変な騒動だ。
IMG_1502.jpg

時の変化は価値観の変化。

と、開館時刻(11時)に入ったので、他に人もおらず、
ゆっくりと鑑賞。

ちなみにこちら、入館料は100円。
大人も楽しめるけど、お子さんの社会教育にも良いと思います。
ゼミ行くのも良いな。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする