2007年12月20日

「腫れる(はれる)」

ドラマ『ガリレオ』風 「腫れる(はれる)」



(ト書き)湯川先生の研究室に、刑事 内海 薫が走りこんでくる

内海 「湯川先生、大変です。粟屋さんが、今日仕事に行けない、と言っています。」

湯川 「なぜだ?」

内海 「昨夜、お魚ソーセージにがっついたら、
    アレルギーが出たらしく、顔が腫れたらしいのです。」

湯川 「アレルギーってなんだ?」

内海 「赤くする着色料のコチニール色素が、
    体にあわないようで、ひどい胃痛やひどい鼻水、
    顔のかゆみ等が起こったようです。」

湯川 「それで、なぜ仕事に行きたくないのだ?
    論理的に説明できない。」

内海 「これが、今の粟屋さんの顔の写真です。
    痒みで二重が一重になるくらい、顔の上半分が腫れています。」

湯川 「(写真をじっとみて)実に(顔が)面白い。」










【本人談】
困った・・・
目が開きません・・・
(ぶさいくです。)
しかし、今日は広響コンサートの本番・・・
サングラスで過ごすか、両方の目の眼帯で過ごすか・・・て、両方だと見えんワイ(一人突っ込み)
posted by H.A at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック