2007年10月26日

『おひとりさまの老後』

『おひとりさまの老後』 上野千鶴子/著 法研(2007)

おひとりさまの老後.jpg

東大の社会学者の上野先生の著書。

配偶者がいても、子どもがいても、
配偶者と離別(死別とか離婚とか)し、子どもも巣立つと、
結局一人になる。
その時に、所謂「負け犬」(除:パラサイトシングル)の一人暮らしのテクが役立つよ、という趣旨で書かれた本。

興味があって、読み始めたのだけど、私にはまだ随分早いな、と感じ、
制度などが書かれている途中あたりは読み飛ばした。

「一人の(老後は)淋しくない」としきりに書かれている。
何度も繰り返してあるので、
淋しいよ、という悲鳴が行間から読み取れるように感じた。
なので、読んでて辛かった。

という感想を、もしご本人に言ったとしたら、
本意を読み取れていない、とご立腹なさるだろうが、仕方ない。





ただ、この本を読みながら、自分が「死ぬ」ということについてちょっと考えた。

あの世にいったときに、
私を待っていてくれるであろう先に逝った人に、
この世の話を面白おかしく話せる土産話をストックしとこう。

あの世では、あとから来るであろう優しい人のために、
住む家を調達しとかなきゃ、
とか考えていると、
どちらの世も忙しい。。。


posted by H.A at 06:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「そのまんまでOKよ」と上野千鶴子さんに励まされ、豆富屋さんのケーキを食べる、の巻。
Excerpt: 『婦人公論』11/7号に、上野さんの記事が大きく出てるよ、 と東京の友人からの知らせで、さっそく買いに行きました。 最初に探しに行ったときは、まだ発売されていなくて、 「やっぱ、岐阜は田舎だぁ・・・..
Weblog: みどりの一期一会
Tracked: 2007-10-27 20:45

男「おひとりさま」へのメッセージ 「金持ち」より「人持ち」が大事[ 上野千鶴子 ]
Excerpt: 昨日、天生(あもう)峠への登り降りの紅葉は 「たぶん今日ごろがサイコーです」と書いて外を見ると絶好の快晴、 こんな日に家にいるのはもったいなくて、きゅうきょ、 行ってきました天生(あもう)峠と宇津江4..
Weblog: みどりの一期一会
Tracked: 2007-10-30 17:24