2021年10月21日

街頭演説のIT化

衆議院選挙が始まりました。
党首討論など非常に興味深く拝見しております。

さて公示前のこと。
急ぎ帰宅していたら、大きな四つ角で、どこかの政党の方が
立候補予定者ということで演説をされていました。

ブルゾンを着た党の事務の方も、多数おられ、ビラを配っていました。
私は急いでいたので、そこはそっと通り過ぎようとしたのですが、
気になったことが一つ。

プレゼンに大きな電子版を使っておられる。
おそらくパワーポイントでしょう。
となるとどこかにプロジェクターがあるはずだと、どこ?
暗いし、目が悪いし(眼鏡をかけていませんでした)、気になるしで、
よく考えず、結果的に選挙候補者の方にづかづかと近寄る形となりました。

立候補予定者の方も、党の職員の方もどうしたどうした?という感じになり、
「あ、すみません、どうやって映してるのかな、と思いまして・・・」と私。
立候補予定者の方が
「あそこにプロジェクターがあるのですよ」
「僕の名前は覚えて帰ってくださいね」
とのこと。

非常に感じの良い立候補予定者でした。
しかし、名前を忘れました・・・
党名は覚えているので、調べて公約など読んでみたいと思います。
posted by H.A at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。