2021年03月20日

蛇足 Audibleで小説『暴虎の牙』

Audibleで小説『暴虎の牙』を読んだ(聴いた)が、
Audibleとはアマゾンのオーディオブックで、
ちゃんとそれ用に朗読されていて、聴きやすい。

小説『暴虎の牙』も、一人の朗読者が登場人物の会話がわかるように声色を分けてくれる。
ただ、気になって気になって仕方がなかったのが、広島弁。

ドラマや映画なら、方言の指導者がいるのだろうけれど、おそらく朗読には
そうした指導はそこまでではないのだろう。
微妙にイントネーションが違うのだ。

例えば、「あんた」。
これを朗読では「あ」にアクセントがあった。
違う!!!

広島弁では「あんたー」と「たー」にアクセントが付き、伸ばす。
(と思うのですが、広島の方 どう?)

そういった小さいことが気になって気になって、仕方がなかった。

取るに足らぬ些細なことです。
失礼しました。
posted by H.A at 19:00| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 エゴサまがいの事をしてこちらのページに辿り着きました。
 朗読をさせていただいた吉開清人と申します。
拙読を聴いていただきありがとうございます。
 御推察の通り、方言指導も方言がわかる方も収録現場にはおらず、映画やゲームを参考とするしかなくて『わかる人には怒られるだろうな』とは思っておりました。
 そういった小さな引っ掛かりができると、作品が楽しめなくなるので申し訳なく思います。
 それでももし少しでも作品の世界観や空気を感じていただけたならば幸いです。
 感想を、殊に柚月先生の作品の朗読での感想を目にした事がなかったので、思わずコメントしてしまいました。駄文、失礼いたしました。
Posted by ヨシカイ at 2021年03月24日 02:21
ヨシカイ様
コメントをありがとうございます。素人が何もわからず、生意気なことを書いて失礼しました。
登場人物を声色で読み分けられており、非常にわかりやすく拝聴しました。また生意気を申し上げた独特の広島弁もほぼ完璧で、懐かしく感じていました。
どうもありがとうございました!今後も楽しみにしております!
Posted by ブログ管理者 at 2021年03月24日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。