2021年02月05日

あきない世傳 金と銀

現在は高田郁さんの小説『あきない世傳 金と銀』にはまり中。
「みをつくし料理帖」で高田郁さんの描く登場人物と、江戸時代に夢中に。
(ちなみに2年前2019年の二月にはアメリカドラマの"The Good Wife”にはまっていました)


『あきない世傳 金と銀』は、
教育者の娘であった幸が、父親逝去の後、大坂天満の呉服商「五鈴屋」さんで女中として働く。
そこからいろいろあって、呉服屋の店主となる話。
この2月半ばに10巻目が発刊されるらしいが、
6巻まで読破。

主人公の幸ちゃんは、精神がめちゃ強い。
(人を利用しているともいえる)
店をどうするかが一番の課題。

元番頭の治兵衛さんに教えてもらった「縁と年月」の言葉、
良い縁をゲットするには焦らず時を待て、という意味。
換言すれば、慌てる乞食の貰いは少ない、ということで、
私のようなせっかちなものは、おでこをパチンとはたいて、おっしゃるとーり!

またお家さんの富久さんが、
「売っての幸せ、買うての幸い」ではないと、
「買うての幸い、売っての幸せ」なのだとステークホルダーを大事にするのも、学びになります。

舞台は大阪ですからね、
「三方良し」で有名な近江商人も多々話題に上がります。

そして、6巻からは、いよいよ江戸の呉服市場に参入。
浅草のあたりに支店をだすようです。

あーーー、こりゃまた、浅草散歩に行かねば!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。