2021年01月25日

心棒

高田郁さんにしては珍しい現代小説『ふるさと銀河線」(2013、双葉文庫)。
タイトルにあるようにいろんな故郷を描いた短編集。

進学時に故郷に残るか、可能性を求めて別の地に行くか悩む少女に対し、
大人が言う言葉。

 故郷って、人間にとっての心棒なんだと思うんだ。
 その人の精神を貫く、一本の棒なんだよ(p.134)。

先般のNHK「ブラタモリ」は、タモリさんが広島県は呉市をぶらぶら。
「呉〜“戦艦大和のふるさと”呉はどうできた?〜」

お父さんが生きていたら、喜んで同番組を見ていたなと思いつつ、
懐かしい故郷の呉の様子をテレビ越しに眺め、
知らなかった地理や歴史を学ぶ。

心棒なんだな。
「辛抱」を教えてくれてるのかも。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。