2021年01月16日

前頭葉

年末から楽しく読んだ『みをつくし料理帖」10巻
どの登場人物も魅力的だったが、りうさんという75歳の女性が素敵だった。
腰が曲がって歯も無いが、サクサク動き固いものも咀嚼する。
ウィットに富んだ話術で小料理屋のお客に大人気、
人生の先輩として、皆の悩み事にも、心を救う言葉を吐く。

私もこのようなおばあちゃんになりたい。


他方で現実社会。
先日、スーパーのレジの列に並ぼうとしたら、
並んでいるのか、そのサイドの陳列棚を見ているのかわからない男性(高齢)がいた。

「並んでおられますか?」と尋ねたら、
「見たらわかるだろー」と大きな声で怒鳴られた。

なんで?
見てわからないから尋ねたのに。

昨夏はバス内で、高齢の女性に暴言を吐かれたことも思い出された。

人生の先輩の、こうした不条理な態度は、悲しくなる。
我々若輩を背中で教え導く存在であってほしいのにと。
いろいろお辛いことが続いたのだろうか。

理屈で考えれば、このように感情がコントロールできないのは、
前頭葉が衰えてくるから。
りうさんのようになるためにも、お若い方に怒鳴らないためにも、
毎日Nintendo Switchで「脳を鍛える大人のトレーニング」に取り組んでいる。
ああ、忙しい。
posted by H.A at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。