2020年11月15日

映画「王になった男」

眠れない夜にアマゾンかネットフリックスかで鑑賞。
イ・ビョンホンさん主演(一人二役ね)韓国映画「王になった男」(2013)

韓国のエンターテイメントは、やはり素晴らしい。
韓国で1000万人を超える観客動員したらしい。
1500年代、実在した李氏朝鮮の第15代国王・光海の史実とフィクションとのこと。

王妃役のハン・ヒョジュさんも可愛いが、
びっくりしたのは15歳の侍女として、
ドラマ「7人の秘書」や、日本アカデミー大賞を受賞した映画「新聞記者」で主役を演じた
シム・ウンギョンさんが好演していた!

それにしても、こうした史実を基にした映画は、歴史の学びになってよい。
朝鮮は長い間、隣国の大国、中国に非常に気を使っていたことがよくわかる。
当時は 明 ですが。

ひきこまれるように見入ってしまった同映画、
おススメです。
☆☆☆




そうはいえ、王様としては、
私はヒョンビンさんが映画「ザ・キング」で演じたほうが好きです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。