2020年11月06日

ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの映画「ボディガード」

ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの映画「ボディガード」は、1992年公開だったらしい。
30年前かい!

IMG_0107.JPG

テレビで放送されていたのを録画し、懐かしく思いながらじっくり拝聴。
ボディーガードとしてのケビン・コスナーが言う
「その場にいないことが怖い」のセリフ。

韓国ドラマ「愛の不時着」
「見えるところにいろ」とリ・ジョンヒョクがユン・セリに言う場面と重なる。
おそらく「愛の不時着」の作り手は、映画「ボディガード」を意識してたと思われる。

それにしてもホイットニー・ヒューストンさんはすでにこの世にいない。
なんとも寂しい。

彼女の”Saving All My Love For You”は、よくカラオケで歌っていたが、
同映画の”I Will Always Love You”は次回のカラオケで挑戦したい。

そうはいえ、
「Saving All My Love For You」も
「I Will Always Love You」も
重い、重すぎる。

サントリー・ウィスキーのCM 大原麗子さんの
「すこし愛して ながく愛して」くらいがちょうどいい。
という塩梅が、長く生きてきて、ようやくわかった。
posted by H.A at 20:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。