2020年11月02日

大往生といふもの

1985年に放送されたNHK朝ドラの再放送「澪つくし」を、毎朝楽しみに見ている。
脚本はジェームス三木さんとのことで、繊細で骨太なストーリーで、楽しめる。

時代は大正時代末期から第二次世界大戦後にかけて、
場所は、“陸(おか)者”と“海者”が対立する漁港の町、千葉県銚子市を舞台、
主役は、しょうゆ醸造を家業とする旧家の娘・かをる(沢口靖子)と、網元の長男(川野太郎)。
桜田淳子さんも姉役で出ている。

さて、今日の同番組、網元の知り合いが亡くなって云々のくだり。
74歳で大往生だったから寂しくはないよ、のような会話。
20世紀初めは70代で大往生と言われたということだ。

明日夜から始まるアメリカ大統領選挙、候補者は二人とも70代。
菅義偉さんも70代。
いかに人間が長く長く生きているかがよくわかる。

他方で中国では一人っ子政策が、1979年から2015年までとられたのだから、
矛盾を感じる。



広島時代に、姉さん的存在だった人に人生の目的を尋ねた際に、
「いつ死んでもよいと思って生きている」と言っていたことが思いだされた。
何歳でこの世を去ることになっても、悔いなしと思えることこそ、
大往生なのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。