2020年11月01日

ネイルサロンのドメインチェンジ 育爪といふもの

数年前より通っている個人経営のネイルサロン。
マンションの1室で静かだし、ソファベッドで楽ちんだし、Huluを見ながら施術してもらえる、
という自堕落な私には最高のしつらえ。
ネイリストさんも穏やかで、おしゃべりでないのが快適。

と、そのネイリストさんが、コロナを機に、ドメインチェンジした。

彩るネイルから、「育てる爪」へ。
もともと爪に優しいジェルをウリにしていたが、
本来の自爪の力を生かし、健康美をウリにするというもの。

ネイリストさん曰く
爪を丁寧に手入れし、セサミオイルを塗りこむことで、
爪のピンクの箇所はより綺麗なピンク色に。
かつ伸びた爪は黄色ではなく、透明になる、とのこと。

ジェルネイルを、指先のぱっと見の美しさと、爪の保護を目的としていた私は、
躊躇しつつも、その「育爪」にのってみることにした。
(もちろん、そのサロンは彩るネイルメニューも引き続きあります)

最初に施術してもらったのが9月。
施術というより、メンテナンスの表現が適切かな。
甘皮を丁寧にとって、やすりで爪をきれいに伸びるように整えてくれる。
最後はセサミのオイル塗布。

セサミオイルを買い、自宅では、指示通り毎日オイルを塗りこんでいると、
幼いころから白い筋の入っていた私の爪から、その筋が消えた。
かつ、黄ばんでいた爪の色がピンクになってきた。

フルームーンの昨日、二回目の施術。
セサミのオイルを多めに買って帰り、しばらくはまた家でオイル塗り込み。

我が自浄作用でどこまで健康になるか!
「育爪」 継続してみます。






*そのネイリストさんが研修を受けに行った育爪サロンの本体は、
大阪と自由が丘にあるらしいのですが、そこは予約が二年待ち状態らしい。
「彩る美」から「健康な美しさ」の価値観を求める人が、多いということなのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。