2020年09月27日

フローとストックとの間で

数年前、
季節がさらさらと流れていきますね
というメールをいただいた。

あれ以来、季節の変わり目は、季節の流れる音がするような気がする。

最近、夏も終わったが、indigo la Endの
夏夜のマジック」という歌を好んで聴いている。

その中で、川谷絵音さんが
夜明けが流れるまで
と歌う。

流れる、フローということだが、ストックに固執せず、
時間のフローに身を任せるというのもいいね。
肩の力を抜いて。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。