2020年08月07日

「きものKIMONO」展

東京国立博物館の「きものKIMONO」展。
コロナ渦の中、少し心に潤いをと、あっついなか、行ってきました。
上野駅か鶯谷駅か迷って、鶯谷駅で降りて、同館に行くまでに
あまりの暑さに体力が蒸発。

なんとか気力を振り絞っての鑑賞。
お着物姿の男性、女性がちらほら。
暑い中に、イキだねえ〜

この「粋」とか「通」など、江戸時代に生まれた概念と解説文あり。

着物の変遷をたどるに
華やかな織田信長・豊臣秀吉時代から、
徳川の時代となり、
鎖国して、大名を疲れさせるガチガチなガバナンスなんてことをしているので、
イノベーションは起きず、発展も無く。
贅沢は敵になる江戸時代後半。

そうはいえ、貧すれば鈍することなく、
オシャレの方法を変えて、お着物を楽しんでいたよう。

華美であることが良い事では無いけれど、
政治の閉塞は、文化も変えるようです。

上野駅に向かう途中でパークサイドカフェでハーブティ。
IMG_5498.JPG
posted by H.A at 20:01| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。