2020年07月27日

何を着たらよいかわからない理由

夏の在宅生活。
数枚のロングTシャツにパンツといった装いを制服として過ごしている。
よって先日、久しぶりの出勤時には、何を着てよいかわからず、困った。
仕事なのでフォーマルな感じにすればよいので、何とかなった。

ところが昨日、ちょっと外出するに、たまにはオシャレをしてみようと思ってしまった。
クローゼットを眺めながら、なにを着てよいかわからない。

とりあえず昨年の服を組み合わせて出かけたが、
どーもうまく着こなせていない。
「着こなし」というのは、毎日工夫して着ることで養われるようだ。

加えて、なんだか時代遅れ感が否めない。
スカートの微妙な丈とか、ブラウスの感じが今年モードではない。
では今年モードってどんなの?
というので、少しデパート内をうろうろしてみた。

「オシャレ」に半年触れていなかったら、
オシャレを把握する力が皆無になったようで、よくわからない。
(そもそも、たいした力を有していなかったというのもある。)

とりあえずディスプレイされているのをマルっと買おうかとも思ったが、
着る時が無い。
コロナが治まると願いたい来年の夏には、すでにそれらは時代遅れになるだろう。
というので、試着だけして丁重にご遠慮した。

あら困ったな、と思いながら、スマホを眺めていると、ツイッターだったか、
年をとったら何を着ても似合わないのだから、若いうちにいろいろオシャレを楽しむとよい
のようなことが書いてあった!


腑に落ちた。


何を着ても、今一つしっくりこないのは、
センスや着こなし等の問題ではなく、これだ!
粛々と現実を受けとめよう。
posted by H.A at 21:24| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。