2020年07月26日

主観と客観の差

日本一、否 世界一と自負する私の忘却力をもっても、
一週間くらい忘れられなかった不愉快なことが、少し前にあった。
後頭部にオリのように張り付いて離れなかったのだ。

今はもう忘れたというか、薄れた。

さて、先日、友人よりストレスが溜まっており、
少し話をしたいというので、拝聴したところ、
そのストレスが、冒頭に叙述した私の不愉快なことと同類だった。

「わかるー」と言いながら、
いうて、他人事。
眠っても忘れられなかった自分の不愉快なことが、
他者のことだと、たいしたことないと思える。

よって、
「わかるー、が、気にすることないよ」という自分がいる

同じことでも、主観と客観とでは大差ある。
ということがわかって、苦笑。



その不愉快なことは、命や人生に影響することではない。
きっと世の中には、もっと大変なことが多々ある。
そうはいえ、小さなことでも不愉快なことは不愉快。
きっと不愉快の根源は、自分の中の何かにあるのだろうけど。
posted by H.A at 08:38| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。