2020年06月15日

オンライン講義でもラグジュアリーさは伝わる

先般、立教大学の講義「現代のビジネスを学ぶ」で、
毎年恒例ながら、
尊敬する濱田先生を招聘し、オンラインで講義をしていただきました。

少し過去を振り返れば・・・
2012年2月にはヴァンサンカンにも
2012年12月には広島の比治山大学でも
もちろん敬愛大学でも
池袋の立教大学でも



さて、濱田先生は、
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン副社長、
ハリー・ウィンストン・ジャパン社長
など外資系マネジメントを歴任されてますからね。

聞き入ってしなう話術はもちろん、とにかく醸し出す雰囲気がラグジュアリー♪
対面講義であれば、濱田先生のその雰囲気を学生さんに見てもらえるのに、
今年はライブとはいえオンライン講義で残念・・・

と思っていたら、そうではなかった!!!

いつもは講義する側の私は、イヤホンでじっと拝聴する側を
初めて体験したのですが、
これがね、いい!

雑音なく、一人の部屋で「聴く」ことに集中していると、
パワポ画面と解説で内容を理解しつつ、
先生の情熱や行間に含めた想いなどが、
ダイレクトに耳を通して脳に伝わってきました。

学生さんのリアペを読んでも、私と同様に感じているようでした。
濱田先生、ありがとうございます♪




ということは、オンライン講義は、
教員の実力と人間力がさらされる、ということです。
ヒー、恐ろしい事です。
ライブでも録音でもミュージシャン活動、精進します!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。