2020年03月31日

またまた今更ながらの映画「レ・ミゼラブル」

アマゾンプライムで無料配信が間もなく終了と言うので、
映画「レ・ミゼラブル」を再鑑賞。
映画館では2012年の大晦日に鑑賞しているようです。

当時、感想をさらっと書いていることより、おそらく途中で寝て、
ミュージカル調になじめないまま、例の歌には感動した、と言う感じでしょう。

例の歌とは
ガバナンスが安定しないヨーロッパはフランスで、
若者たちが我が国を良くしたいと体制と戦うときの歌。

邦訳は「民衆の歌」または「民衆の歌声が聞こえるか?」となっていますが、
フランス語では、 A la volonté du peuple、
グーグル翻訳では「国民の意志で」と言う意味らしい。
ちなみに英語では  Do You Hear the People Sing? とのこと。

peopleを「民衆」と訳すより、NHKではないが「みんな」のほうが、
ニュアンス的にあうような気がします。

歌詞、日本語よりも映画の中で歌われている英語のほうがよいですね。
早速、アマゾンミュージックで練習をしたので、
次回のカラオケ大会で試してみたいと思います。

そうはいえ、昨日の都知事の会見で、
若者の皆さんはカラオケには行かないように、ということ(笑)
(言葉尻を捕らえるつもりは一切なくて、趣旨は理解しています)

収束したら歌いましょう!
♪Do you hear the people sing?
♪There is a life about to start when tomorrow comes!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。