2020年03月17日

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』と「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を
苦労しながら読んだ、と言うか、何とか趣旨を理解しようと努めた。
執筆されたのは1920年、私が読んだのは日経BPの翻訳版(2016)。

要は、
・経済活動は宗教に左右される
・ヨーロッパではキリスト教のプロテスタントを信仰する国は経済発展している
・しかしカトリックが主の国はしていない
・なぜならば、カトリックは鷹揚なので謝れば許してもらえる
 悪いことをしても教会に寄付すればよい という考え方が根底にあるから
・他方でプロテスタントは、「予定説」で、神に救われるか否かは、最初から決まっている
・怖い。ならば、懸命に働こうではないか!
 なぜならば職業と言うのは神からの使命であり天命であるから、
 全うできれば選ばれてたことになるかも
・ということで、プロテスタンティズムは働いて、経済発展につながる

ということかと。
これは無宗教の日本人には、少なくとも私には、理解に苦しむ。
わかったつもりになっても本質には辿り着かない。


と、同時期に、兄弟子に勧められた映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を
アマゾンプライムで鑑賞。
16世紀に生きたスコットランドのメアリー・ スチュアートと
イングランドのエリザベスT世、ふたりの女王の物語 とのこと。

同映画は歴史ものとして、あるいは女性が統治者になったという意味での女性視点で、
と楽しみ方があるが、私が気になったのはキリスト教。
スコットランドのメアリーはカトリックなので、
できないこと、許されないことが多いのだ。

日本と異なり、ヨーロッパは民族、宗教、国家といくつかの要素が絡み合っているので、
なかなか理解に苦しむ。

このように理解に苦しむとか、難しい等に直面すると、






ヘタレな私は、







偏屈でもあるので、










俄然やる気が出る。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。