2020年02月26日

中世の街 プラハ

ウィーン・プラハの冥途の土産日記 プラハ編
@ http://bouchukan.seesaa.net/article/473713777.html
A http://bouchukan.seesaa.net/article/473714029.html
B http://bouchukan.seesaa.net/article/473714288.html

プラハ城から下って、カレル橋へ。
この階段は、トム・クルーズの「ミッションインポシブル」の1で、
トムが駆け上がったもの。
(写真内の男の人は通りすがりの人で、一切関係なし)

IMG_4384.JPG

観光閑散期なので、カルレ橋は人が少ないそう。
夏の観光シーズンは芋煮状態らしい。

IMG_4389.JPG

そのまま旧市街広場まで歩く。
そこにある15世紀に建てられたゴシック様式の旧市庁舎。
精巧な天文時計があり、9時〜21時の1時間ごとに動き出すからくり時計が注目のまと。

IMG_4393.JPG

ただ、からくり時計が古いので、すべての動きが上手くいくときと行かない時があるらしい。
最終的に金色の鳩が羽を広げて鳴けば成功。
VELTRAさんのツアーの最期に、成功!

IMG_4397.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。