2020年02月24日

ウィーンで感じたこと 覚書

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html
Hhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710914.html
Ihttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711100.html
Jhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711451.html
Khttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711804.html
Lhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473712801.html
Mhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473713339.html

さてプラハの旅記録に遷る前に、ウィーンで感じたことを少し。

【その1 オーストリア人の美しさ】
まず街を歩くゲルマン民族の皆さんが非常に美しいということ。
スタイル、顔立ち、姿勢が、男女、老若関係なく。
以前ドイツでも感じたことながら、神様はアジア人に大きな負荷を与えたなと思う。

もちろん美しい方々は加齢に伴い、横幅やら体の厚みやらが非常に発達される。
これをどうとらえるかはおいておいて、
カフェで普通に座っているだけで美しいのは確か。

小柄な日本人は、せめて姿勢を良くしたい。

【その2 オーストリア人のお洒落さ】
身長が高く、顔が小さく、顔の彫が深い、という外見の圧倒的な美しさもあるが、
総じて皆オシャレ。
特に年を取った男女のコートとマフラー、帽子のお洒落さは、
思わず振り返って見直すほど。

また街を歩く女性の98パーセントが、パンツ姿であったのにはびっくり。
コートにニットにジーンズ、これにマフラー&帽子でかっこいい!

ところが、夜になるとオペラやウィーンフィルやレストランでは、
スカートになる。
TPOを楽しむ感がある。

【その3 成熟した大人の愉しみ】
オペラやウィーンフィルに来ている人の8割は私以上の年齢だったように感じた。
夫婦であろうカップルは男性が女性をエスコートしながら、
友人であろうグループは楽しそうに談笑して。

私が日本であまりそういった場に行かないからかもしれないが、
大人が自分の人生を楽しんでいるように感じた。

もちろん日本でも歌舞伎座で人生の先輩方が集っておられるが、なんか違う。

やはりオシャレ度の差異かなあ。
単なるゲルマン民族への憧れかなあ。

そんなことを感じたウィーンの5泊6日。

あ、最後にウィーンの珈琲の種類、以下。
IMG_4140.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。