2020年02月24日

ドナウ川からモルダウ川へレギオジェットで移動

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html
Hhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710914.html
Ihttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711100.html
Jhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711451.html
Khttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711804.html
Lhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473712801.html

ウィーンからプラハに移動。
方法は飛行機、鉄道、バスと選択肢がある中で、
飛行機だとコスパが良くないし、いろいろ面倒。
バスだとトイレが気になる。
よって、鉄道。

IMG_4277.JPG

それも国鉄ではなく、チェコのバス会社が運営するレギオジェットを選択。
なぜなら同じ4時間でありながらお安い!

ビジネスクラスで一人約3000円。
多方、一般的な国鉄だと普通車で10000円くらい。

よって、事前にレギオジェットサイトで予約してGO。

ドナウ川に別れを告げ、
IMG_4283.JPG

IMG_4287.PNG

レギオジェットのビジネスクラスでプラハへ。
4人の個室を2人で専用でき、なんともラクチン。

IMG_4302.JPG

安いには安いの理由があって、同社の車両は国鉄のお古らしい。
なのでトイレも今どきの感じではなかったけれど、
広くて機能的には問題なし。
揺れもひどいように感じたけど、許容範囲。

おまけにスパークリングワインや珈琲紅茶の無料サービスもあり、
かつチェコ物価になって、車内の物販のお安い事!
ウィーンでマックやパン&コーヒーが一人1000円したことを考えれば、
びっくり。

というので宴会状態。

IMG_4295.JPG

ベートーベンの「田園」を聴きながら、ヨーローッパの草原?畑?を走行。
ささ、ドナウ川からモルダウ川へ旅も移動です。

IMG_4305.PNG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。