2020年02月24日

ウィーンのカフェ文化は、世界無形文化遺産

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html
Hhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710914.html
Ihttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711100.html
Jhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711451.html
Khttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711804.html

ウィーンの最終日の朝は、カフェに朝食をいただきに。
Cafe Digras

創業1875年の老舗らしい。
IMG_4267.JPG

ウィーンは、ディナー時もこの朝食時もとにかくパンが美味しかった。


IMG_4271.JPG

そしてウィーンのカフェ文化は、世界無形文化遺産!
IMG_4269.JPG

最も基本的なコーヒーは
Wiener Melange(ヴィーナー・メランジュ)。
メランジュをとオーダー。

なんだかんだで老舗のカフェ。
パンと珈琲のみで、ほぼ千円!
高いね、と思うのは私だけではないよね?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。