2020年02月24日

ウィーン軍事史博物館ーウィーン大学−ウィーン犯罪博物館ーシシィ美術館

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html
Hhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710914.html
Ihttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711100.html
Jhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711451.html

ベルヴェデーレ宮殿の後は、15分ほど歩いてウィーン軍事史博物館へ。

IMG_4234.JPG

IMG_4236.JPG

ここはね、情報量が半端なく多い、
まだあるのか!と言うほど展示室が続く。
よって、我が世界史の知識の貧相さが悲しくなった。
もっと知識があれば、いろいろと学べたのに。

というので、歩き疲れてまた、同館のカフェへ。

IMG_4242.JPG

そこからトラムに乗って、ウィーンの街中に戻る。

IMG_4248.JPG

どうしても行きたかったウィーン大学へ。
しかしあいにくの日曜日なので、入れず。
おーい、シュンペーター先生!

IMG_4256.JPG

IMG_4254.JPG

その後、地下鉄で移動し、ウィーン犯罪博物館

ここはうーん、ょっとよくわからず。
トイレはこんな感じ、前にある井戸がおどろおどろしい感じ。

IMG_4257.JPG

その後、トラムに乗る場がわからず、歩いて一度、ホテルに撤退。
お昼寝の後に、ウィーン最後の夜を美しく終わろうと、宮殿のシシィ美術館へ。

IMG_4147.JPG

ハクスブルク家の往年の食器類、膨大な量でしたが、
その変化を歴史と共におい、エリザベート(シシィ)の部屋などを見、
ウィーンは夜に。

働き方改革など不要の同国は、6時にはほぼ閉館。
日曜日はデパートやスーパーも休日。
その中、日曜もあいているイタリアンレストランへ。
DA CAPO Ristorante Pizzeria
オーストリア料理にも飽きましてね。

IMG_4262.JPG

IMG_4261.JPG

おいしゅうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。