2020年02月24日

5日目はまずはベルヴェデーレ宮殿へ

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html
Hhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710914.html
Ihttp://bouchukan.seesaa.net/article/473711100.html

5日目は一日フリー。
悔いのないようにウィーンライフを楽しみます。
まずは早起きをして、地下鉄体験。

IMG_4205.JPG

ベルヴェデーレ宮殿へ。
開門前に到着、一番にチケットを購入。
朝を制する者はウィーンを制する、はず。

IMG_4208.JPG

ここは、ハプスブルク家に仕えたサヴォイ家のオイゲン公の夏の離宮であったらしい。
ヨーロッパで一番美しいバロック様式の宮殿らしい。

プリンツ・オイゲンの死後1752年に、ハプスブルク家のマリア・テレジアが購入したらしい。
よって、マリーアントワネットも過ごし、モーツアルトが御前演奏を行った場所でもある、らしい。
第2次世界大戦後の1955年には、連合国との間でオーストリア国家条約が調印されたらしい。
現在は美術館ね。

やはり天井が綺麗。
IMG_4209.JPG

そして有名どころの絵は以下。

IMG_4211.JPG

これ、実はおっきい。

IMG_4212.JPG

ナポレオン、この旅行で私はナポレオンについて学ぼうと思いましたわ。
いかに天才か!

IMG_4221.JPG

そして、このシシィご夫妻も。
IMG_4218.JPG

その他にもたくさんあって、かつ写真NG以外のものはすべて撮影OKなので、
もっと載せたいのですが、
こうやってネットで観るよりは、現物観たほうが震えがくるので、ぜひ現地で!

このベルヴェデーレ宮殿は中心部から少し離れていたので、
行くことを躊躇していったのだけど、
ここは行ってよかった!

朝ご飯を食べてきたのに、鑑賞後はベルヴェデーレ宮殿のカフェへ。
ウィーンはカフェ文化ですからね。

IMG_4233.JPG

5日目はまだまだ序盤。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。