2020年02月23日

4日目は音楽の家から

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html
Ghttp://bouchukan.seesaa.net/article/473710663.html

音楽の街 ウィーンはモーツアルト館やベートーベンの家などもあるのですが、
くるっとっまとめて「音楽の家」へ。
そもそもカール大公が住んでいた家(宮殿)らしい。
その後、そこにウィーン・フィルの創始者で初代楽長をつとめたオットー・ニコライ(1810〜1849)が住んでいたらしい。

IMG_4172.JPG

そして今そこは、音楽を楽しむ人のための博物館に。
音の出る階段にはじまり、音とは何かという科学の世界、
楽器の体験、作曲者の人となり、などを遊びながら学べる。

IMG_4176.JPG

指揮体験などもあり、スローな曲や速い曲など笑いながら楽しめる。
もっとゆっくりいたかったのだけど、
昼寝をするために、ひとまずホテルへ。

で、その日のランチはあえてのマクドナルド。
マックが国を比較するのには最適ですから。

ところが、いつものチーズバーガーではなく、ちょっと肉の分厚いのを頼んでしまったがために、
二人で2000円超え!
比較できず・・どころか高いし。

IMG_4182.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。