2020年02月23日

Time Travel Vienna&Albertina美術館 最高♪

ウィーン・プラハの冥途の土産日記
@http://bouchukan.seesaa.net/article/473685995.html
Ahttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687161.html
Bhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687307.html
Chttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687445.html
Dhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473687539.html
Ehttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708338.html
Fhttp://bouchukan.seesaa.net/article/473708545.html

あえてフリーにした一日は、朝散歩の後に、Time Travel Viennaへ
しょぼいだろうと、あまり期待していなかったのだけど、
実は大変楽しめた。
オススメ。

IMG_4142.JPG


日本語の説明オーディオガイドがあるので、
ツアーが一緒になったドイツ語の説明を聞いている中学生たちと共に、
ウィーン歴史を楽しめた。

街のど真ん中の地下二階ながら、映像や大きな人形劇、
5Dのカメラ等で遊びながら学ぶ学ぶ。

ウィーンのカフェ文化は、オスマン帝国との戦争時に、
オスマン帝国が茶色い豆を残したところから始まったらしい、よ。
ハプスブルク家の皆様のいろいろや、音楽文化。
そして最後に第二次世界大戦時のオーストリアの防空壕体験もあって。

第二次世界大戦は日本もひどいことになったけれど、
ヨーロッパはヨーロッパで、ナチスの暴挙や本土決戦の連続で、
大変だったことを実感。

映画「ジョジョ・ラビット」とも重なった。

IMG_4141.JPG

面白かったねといい気分で、カフェでランチ。
IMG_4144.JPG

いったんホテルに戻って昼寝。

その後、アルベルティーナ美術館へ。
ハプスブルク家の邸宅だったらしい。
邸宅の雰囲気を味わいつつ、
モネやらピカソやらシャガールやらいっぱい。

IMG_4158.JPG

IMG_4157.JPG

贅沢過ぎて眩暈買いする・・・

夕食は

Demalでパンを購入し、ホテルでシャンパン。
IMG_4164.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。