2020年02月11日

やぶ医者は儲かる

先日、40日ぶりに鍼に行った。
40日も行かなくてよかったというのは、快挙だ。
これまでは、おおよそ2週間、頑張って3週間で身体に軋みが出て、
鍼に駆け込んでいたからだ。

理由は昨年秋より、通いの治療院を変えたことにある。
ここの先生の腕が良いと思う。
さくさく迷いなく、てきぱきとうってくださるのだ。

年末に2度続けていったのが身体によかったようで、
軋みがでなかった。
そうはいえ、そろそろ整えてもらおうと、久しぶりに鍼をうってもらった。

このように考えると、腕の悪い施術者のところには、何度も通うことになる。
お医者さんも一緒だろう。
薬が合わない、治療の方法が不適切などより、なかなか治らないと、
何度も病院にかかるようになる。

不条理この上ない。

鍼の先生に、今後もちゃんと参りますからね!
と言って、すっきりして帰途についた。
(ここは、美容鍼もあるのですよ)
posted by H.A at 21:11| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。