2020年01月31日

小説『父からの手紙』

覚書・・・読んだことをすぐ忘れるので。

久しぶりに最後まで読めた小説。
『父からの手紙』(2006)小杉健治著 光文社文庫

サスペンス風の長編小説。
謎解きしながら、楽しく読めました。

これを映画化するなら、お父さん役は今話題の渡辺謙さんでしょうか。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。