2019年05月17日

『バカとつき合うな』

『バカとつき合うな』(2018)徳間書店
堀江貴文・西野亮廣 著

人や過去に惑わされず、
いじいじ、がたがた言わず、
したいことをやったらいいよ! という内容。

堀江氏が以前より言われていることを、
共著で、
かつ
上記のことをできない人、
上記をしようとする人の邪魔をする人を
「バカ」と称して叙述されたもの。

おっしゃる通り!と納得。
他方でそういう生き方もあるし、そうでない生き方もある。
そうでない生き方を好きで選ぶ人は、
いじいじ、がたがた言いませんからね。
「バカ」ではない。と私は思います。

居丈高な論調で進むのですが、
後半はガンバっているお二人の温かい人間性が行間に顕れて
ホッとしました。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。