2019年05月14日

真似る

ある程度大きくなったら子どもは(思春期以降ね)、
自我が目覚めて、概して親の言うことに耳を傾けないことが多い。
(もしかしたら、ずっと素直に言うとおりになさる人もいるかもしれませんが)

ただ、私が思うに、
親の言うことは聞かなくても、
親のすること、していること、してきたことは
いつのまにか同じようにしている。

掃除の仕方、ものの言い方、その他もろもろなどだ。
我が子の姿を視て、
我が姿が客観視でき、苦笑することはよくあるし、
改めて自分を認めることもある。

さて、いつもインスタで眺めている見知らぬ家族。
1歳半の女の子の顔が丸くてとても可愛いのだ。

パパさんが、その女の子に、その場で飛ぶジャンプを教えている。
リビングでジャンプの見本を見せているのだが、
ピョンピョンと二回飛んだところで、
近くに置いてあったおもちゃを踏んではいけないと、
パパさんが、すっと足で向こう側によせた。

すると1歳半の女の子は、ジャンプではなく、
足でおもちゃを動かすということを真似だした。

これはぶっと笑った。

子は親の言うことは聞かないが、
親のすることは真似る。

おもちゃをよける程度のことは可愛いが、
一事が万事、平生往生。
親は子どもが恥をかかないように、
日頃からちゃんとしとかないと、ね。
posted by H.A at 21:58| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。