2019年03月10日

鶏口牛後

中小企業の社長さん、その後継ぎで専務などなさっている方と話すのは
とても楽しい。
というのも、企業継続のために、事業を拡大する、多角化するなどの話は聞いててワクワクするし、
従業員さんのことを大事にしている様子も伺えて、優しい気持ちになっる。

先日も二名の後継ぎの方と雑談していて、
ご自分の従業員のお給料水準を向上させることが何よりだと、
できればお医者さんくらいの水準にしたいと話されていた。

社長さんや後継者の方も千差万別だけど、
ガッツのある方は一様にして、どこかの企業の傘下に入るとか、
組み込まれるなどを嫌う。
なぜならば、コストカットを強いられるから。

やはり価格決定権を持たないと、疲弊するし
企業の成長や拡大、継続も困難になり、従業員の給与水準向上どころではなくなる。

鶏口牛後、この四字熟語の本意が、なんとなくわかってきた感じ。
牛後は容易だが、
鶏口になるには、
ずば抜けたキレと
継続するガッツと
誰より優しい気持ち
が大事ね、
と彼らとつきあっていて強く感じる。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。