2019年01月18日

二十四節気

今年は、1月6日が小寒で、
1月20日が大寒。
まもなく大寒、一番寒い時期です。

その後、二月になると、春の気になり、
立春、雨水、啓蟄、春分と
空気が桃色になってきます。

冬には冬のピンと張った美しさがあり、
春には春の命が息吹くような未来があり、
夏には夏の体の奥底から湧き上がるようなエネルギーがあり、
秋には秋の一歩引いた憂いがあり、
と、みんな違って、どの季節の良いです。

などと、訳知り顔で綴りながらも、
冬は寒いのがつらいし、
春はアレルギーだし、
夏は暑いし汗かくし、
秋は気温の変化による乾燥で顔がぱりっぱりになるしで、
困ることもあります・・・

今は、春が待ち遠しいです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。