2019年01月14日

20年経って

今更ながら観た18年12月30日の「日本レコード大賞」の録画。
http://bouchukan.seesaa.net/article/463634660.html

最優秀歌唱賞受賞者として、最後にMISIAさんが、
ドラマ「JIN−仁−」(2009)の「逢いたくていま」、
ドラマ「義母と娘のブルース(ぎぼむす)」(2018)の「アイノカタチ feat.hide(greeeen)」を歌唱。
鳥肌が立つくらい圧巻でした。

ところで、このMISIAさん、デビューして20年らしい。
で、20周年のコンサートで、
「20年歌ってきて、ようやく歌手になれました」
「皆さんに歌手にしていただきました」
と、おっしゃったらしい。


デビュー時から5オクターブの歌唱力などと言われ、うまかったのに、
20年のキャリアを積んだから、ようやく「歌手」と名乗れる、
という言葉には、高いプロ意識を持っている人のみが持つ謙虚さが伺われます。

彼女の伸びのある歌に酔いしれながら、
いたく反省。

「大学の教員してます」「研究者してます」
なんて、100年早いわ、私。

謙虚たれ、私。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。