2019年01月07日

禍福は糾える縄の如し

2019年も箱根駅伝は、なかなか壮絶だった。
今回の勝敗の結果はもちろん、ここに至るまでの長い人生には、
喜怒哀楽の連続があっただろう。
(青学も東海大学も、どちらの監督も、私と同い年のようだ。)

私の好きな言葉に「人間万事塞翁が馬」がある。
先日、テレビ番組「サワコの朝」での追悼として樹木希林さんの回が
流れていた。
樹木さんは「禍福は糾える縄の如し」を用い、
辛いことがあるから、ささやかなことを喜びとして感じることができる。
だから、辛いことや悲しいこと嫌なことというのは必要だ、
のようなことをおっしゃっていた。
「人間万事塞翁が馬」と同義である。

さて私事ながら、年末より、なんだかくさくさすることが続いていた。
(それ以上に、良いこともあるのに、心の中ではマイナスの方が存在感がある)

そんな中、年明けにふらっとよった三越に、
以前より気になっていた和菓子屋さんのお団子発見!
これは嬉しい。
羽二重団子

IMG_0636.JPG

即買い。
なんだか嬉しかった。
まさに「禍福は糾える縄の如し」だ。

その他の同義語は以下。
・浮世の苦楽は壁一重
・悲しみと喜びとは交互
・苦あれば楽あり
・沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり
・上り坂あれば下り坂あり
・楽は苦の種、苦は楽の種
・禍は福の倚る所、福は禍の伏す所

IMG_0640.JPG
posted by H.A at 09:32| Comment(1) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!

年末はありがとうございました、めちゃ面白かったですよ(笑)

1月30日お待ちしております。また盛り上がりましょう!!
Posted by 鯛の女将 at 2019年01月07日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。