2018年12月20日

2018年を振り返る:今年の漢字「痛」

12月も20日になったので、2018年を振り返りたい。

今年の字を表すなら「痛」だ。
何より今年は、胃痛による体調不良に悩まされた(ている)。

周囲の方々には、お会いするたび
「胃腸が悪い」「体調不良だ」と負のオーラの言葉を並べたと思う。
ごめんなさいよ。

事実、食べられない、飲めない、
調子が良いかと食べると、消化できなくて爆発する、
といった状況が、春から夏まで続いた。
6月には、救急車で病院に運び込まれた。

胃が痙攣して息ができないくらい痛いのだ。

流行歌に
息もできないくらい・・・」とか
「息がとまるような口づけを・・・」(カナダからの手紙)など
焦れるような恋愛の歌詞はあるが、

私の場合は、息もできないくらい、胃が痙攣して痛いのだから、
面白くもなんともない。

救急車で運ばれた時、痙攣止めのブスコパンの点滴をしていただくと
すぐにおさまった。
それ以来、錠剤のブスコパンを持ち歩き、対応できるようにはしている。

そんなこんなで、今年の経験を活かし、
虚弱体質でも皆様にご迷惑をかけないよう、
来る2019年は省エネ生活だ。

無理をしない、人にあわさない、不義理も仕方ない、として、
最小の体力でのインプット、
できる限り最大のアウトプットを出す、
という意味で省エネ。

あなたもお体にはお気を付けください。
身体は生産資源の資本ですから。
posted by H.A at 20:12| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。