2018年12月04日

明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

チケットが当たったので行ってきました。
明治150年記念「日本を変えた千の技術博」 @国立博物館
https://www.kahaku.go.jp/


これは見ごたえありです。

明治時代以降の我が国の技術発展が展示されており、
大河ドラマで新明治政府が、新たな日本を作ろうとインフラを整えている様と
重なります。

どの技術も東大出身の方々が作られているのですが、
東大の卒業証書がありました。
各学部の学部長が手書きで修了を示しているのです。

IMG_0206.JPG


1920年(大正9年)ころ、輸入された電気自動車。
IMG_0210.JPG

そしてマツダのロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツ。
ここでマツダ車を見ようとは!!!
IMG_0212.JPG

このコマツのブルドーザーは、第二次世界大戦中にフィリピンで稼働、
アメリカ軍が海に投棄したものの、船の航行に邪魔になるからと引き上げたら、
まだ動くというのだからびっくり!!!
オーストラリアで30年近く使われた後に、日本に凱旋したというものらしい。
IMG_0214.JPG

セイコーの技術にびっくりしたのだけど、
1982年にテレビウォッチ。
IMG_0217.JPG


それから1984年時点で、すでに腕時計型コンピュータを作っているのです。
IMG_0218.JPG

びっくり。
過去の日本のものづくりのパワーを感じます。

そうはいえ、博物館で借りた音声案内の機械の大きいこと、重いこと。
首からかけているので、首がパンパンになります。
これを改善してほしい。
IMG_0213.JPG


この展示、3月までしているようなので、ぜひどうぞ。
(三菱やパナソニック等の製品が少ないのが気になりますけどね)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。