2018年10月21日

私の一番好きな本『人生の結論』小池一夫著 朝日新書

IMG_8184.JPG

ツイッターでのメッセージが気になり、
図書館でも(別の)書籍を借り、
http://bouchukan.seesaa.net/article/462053115.html
このたび、最新刊の新書を購入。

『人生の結論』(2018)小池一夫著 朝日新書

80歳を迎える著者の言葉に、
救われたり、
いさめられたり、
大丈夫だよと頭をポンポンされて、
一人で勝手に踏ん張ってきてたつまらぬ意地が
溶け出すような本です。
静かな希望を持てる本です。

◇時間の一番の節約は、急ぐことではなく、確実にやること(p.68)

◇「あの時の自分にできたことができなくなる」という覚悟と、
 「あの時に自分はあれだけできた」という自信。
 成熟した大人の仕事とは、この二律背反を受け入れることなのです。(p.88)

◇自分にできる限りの正しい意思決定の蓄積が運なのです。
 運とは能動的なものであり、受動的なものではないのです。(p.97)

◇なくしたら「同じものを買いたい」と思えるものだけ買う(p.159)

・・・

まだまだ他にも抜き出したいセンテンスはあるのですが、
後日、徐々に。


同書は、持ち歩き用、保管用、ともう一冊買おうかな。
心が干からびてきた時に、
潤いを与えてくれる同書に出会えたことに感謝。
もちろん著者にも感謝。
そして何より、見つけた自分を褒めてあげたい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。