2018年10月18日

原価率25%

某居酒屋さんでいただいた日本酒が美味しかった。
ボトルで頼んだら4,208円だった。

やはり高いお酒は美味しいね。
と、仲間と美味しい美味しいと言いながら飲んだ。

気に入ったので、帰宅後調べてみると、なんと1080円で売っている。
秋田のお酒だったので、秋田のアンテナショップに行って購入。

IMG_8190.JPG

美味しいので、よいのだけど、それにしても原価率25%は
いかがなものか。
ネットで調べると、ワインや日本酒の原価率は30-50%らしい。
同店の同酒は、顧客には厳しい値段設定ということになる。
(お料理はとても美味しかったのですよ)

そういえば、とあるお食事屋さんで、とある方がシャンパンを頼まれた時、
このお店の提供するシャンパン価格は、
原価率より考えると非常に顧客に優しい、のようなことを言われていたことを思い出した。

考えてみればウイスキーを使ったハイボールなどの原価率は3%くらいかもしれない。

今後は、ワインや日本酒などのボトルのオーダーの際には、
原価率、気にしてみよう。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。