2018年09月29日

百貨店は変わらずハレの場です

伊勢丹が国内3店舗を閉めるという。
(伊勢丹相模原店と同府中店(東京都府中市)は19年9月末に、
 新潟三越(新潟市)は20年3月22日に閉店とのこと)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35780230W8A920C1TJ2000/

百貨店・デパートというのは、肩身が狭くなって久しい。

他方で都内ではあちらこちらに商業ビルが建つ。
デパートとは異なるコンテンツだ。

また先日は日本橋高島屋の新館がオープンした。

丸の内にあったとあるお店が、同館に遷るというので、
プレオープンの招待状をいただいた。
こんな機会はなかなか無いのでありがたいと、
社会調査もかねて出かけた。

午前中はマスコミの招待時間だったようで、
13時過ぎに入っても多くのマスコミの方が撮影されていた。
またお店の関係者の方々が多いようで、
どの店も親しげに話されていた。

天下の高島屋といえども、従来のデパートではなく、
ギンザシックスや東急銀座のような感じ。
多種多様なオシャレなお店が並ぶ。


これはこれで素敵だけれども、
昔ながらの安定の「百貨店」に安らぎを覚えてもしまう。

オシャレなお店やそこに並ぶ商品を眺めていると、
夏の間、引きこもっていたら、気づくと世の中は秋。

IMG_8073.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。