2018年09月21日

『西の魔女が死んだ』

今更ながら『西の魔女が死んだ』を読了。
映画化もされていますし、
読書感想文のテッパンだと、娘に教えてもらいました。

『西の魔女が死んだ」 (2001) 梨木 香歩 新潮文庫

不登校になった中学生がおばあちゃんと共に過ごした一か月。
ハーフのおばあちゃんから学んだ生きる知恵、という話。

ちゃんと規則正しく生活すること、
思い込みに惑わされないこと、
自然の恵みを大事にすること、
等共感できることばかりです。

難を言えば、タイトルがインパクトを狙いすぎ。
「世界の中心で愛を叫ぶ」もそれ。

そうした内容とギャップのあるタイトルは、
出版社の意図なのか、原作者のこだわりなのかわかりませんが、
そんな奇をてらわなくても、ちゃんと読むから安心してください、と言いたい。
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。