2018年08月27日

人生の指針

ぐうたらな性分ながら、できればいろいろなことをちゃんと
行いたいと日々思っています。
できているか否かはおいておいて。

「継続は力なり」は、常に心に留めている言ですが、
冒頭の思いを、何か言葉にできないかなと何とはなしに探索していたら、
見つけました。

清里の清泉寮を再建されたポール・ラッシュ博士の言葉。
ポール・ラッシュ博士は立教大学でも教鞭をとられた先生。
この銅像に書かれている言葉を読んで、感激しました。

IMG_7753.JPG


“Do Your Best and It Must Be First Class”
〜最善を尽くし一流たるべし〜

http://www.keep.or.jp/place_event/paulrusch/dyb.php

座右の銘にしたいと思います。

学位授与式で、立教大学の当時の総長が
「研究者は謙虚であれ」とおっしゃった言葉も思い出されます。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。