2018年08月24日

楽しいインスタグラム 現実は小説より奇なり

SNS好きな私としては、当ブログから始まり、すでにやめたmixi、
そしてFacebook、ツイッターと、mixi以外はすべて本名で行っている。
それぞれに特色があり、
ブログは情報開示と自己記録、FBはつきあい、ツイッターは情報収集と、
使い分けをしている。

加えて、実はインスタグラムをしている。
ただし、これだけは本名ではない。
この目的は、ただインスタグラムなるものが、どんなものか知りたかったからという目的で
始めた。
気づくと、カメラマンのように頑張っている自分がいる。

さて、このインスタグラム、
一番はまっているのは、見ず知らずの、とある若いファミリーの女の子の赤ちゃん。
パパやママが、赤ちゃんの様子をアップするのを楽しみにしている。

次に、これまた見ず知らずの、いくつかのファミリーの様子。
写真で楽しむこともできるが、
絵心のある方は、描いた絵を連続して載せるので、
紙芝居のように楽しむことができる。

そういった方は、多くがマメで、詳細に文章も書いてあるのだが、
読み込むと、
その方々の家族内での出来事や生い立ちが、非常にドラマチックなのだ。

過ぎたことを書かれているようだが、
これは大変だったろうな、とか辛かっただろうな、という壮絶な人生なのだ。

(実はここに、その具体例を長々と書いたのだが、考えて削除)
街の明かりのあちこちに、いろいろな人生があることを、
インスタから学んでいる。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。