2018年08月21日

100回記念の甲子園 夏の高校野球

決勝戦を録画して、結果はわかっているのに、夜、試合をじっくり観戦。
両方がんばれがんばれで、勝敗決まって、どちらも泣かせる。

王者 大阪桐蔭、昨年はミスにより3回戦敗退。
昨年ミスした、今年のキャプテンの中川君が、
優勝が決まった後、号泣していた。
昨年、マウンドに立っていた柿木蓮君は今年はエース。
今日も完投、灌漑深いだろう。
 
そして思いだされるのが、昨年、大阪桐蔭でキャプテンでキャッチャーだった
福井章吾君(今は、慶應で野球してるよう)。
昨年は中川君を必死で励ましていたから、きっと喜んでいるだろう。


他方で、金足農業の吉田輝星君は、今や日本国の憧れ。
公立高校で、農業高校で、地元の中学の野球仲間で甲子園で決勝戦まで来て、
こんな素晴らしいことがあろうか。
これこそ、日本の文部科学省の目指すべき姿だと思う。

王者には王者の重圧があり、
挑戦者には挑戦者の緊張があり、
それを高校生が真夏の太陽の下で汗だくになりながら魅せてくれた、
甲子園100回大会に相応しい決勝戦でした。

ありがとうございました!
posted by H.A at 21:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。