2018年08月11日

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

トム好きなので、楽しみにしていた『ミッション:インポッシブル』のシリーズ6。
一つ悩みは、4Dにするか、通常のにするか。
4Dだと吹き替えになるので、トム好きな私は通常のにしました。

結論。
トムは一層カッコよくなっていました。
おまに役柄が優しい。
やはり、「優しい人が最後に勝つ」のだと思います。

ロンドンやらパリやら国境を越えてイーサン・ハントは動き回るのですが、
これを邦画でやると、
プロデューサーがその国に行きたかったのねと邪推するような
変にゴージャスなだけの映像になるのですが、
トムだと、そんないやらしい考えは浮かばない、のは私だけでしょうか!

国をまたぐ価値のある、意味のあるミッションと思われえます!!!


ドキドキハラハラの2時間半。
もう一度4Dで鑑賞しようかと思います。
でも、吹き替えなんだよな・・・

IMG_7621.JPG
posted by H.A at 09:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。