2018年07月30日

忸怩たる思い

先日、3年ゼミ生と初めて夜の部の食事会に出かけた。
皆が二十歳になったら行こうねと言っていたので、それがようやく実現できた。

総勢7名の3年ゼミは、2年の初めに個別にゼミに入ってきて、そこから人間関係を構築した。
特定の仲良しグループがないので、皆が適度に良い関係だと思う。

7月末の金曜日というのは、以前から決まっていて、
ゼミ生も楽しみにしていたし、私もとても楽しみにしていた。

だから、6月末から胃腸ワルワル状態の私は、なんとしてもこの日までには治したかった。
せめて、ビールくらい飲めるようにはなりたかった。

ところが、ヘタレな私の体は、いつまでもダラダラと体調が悪い。
よって、私は彼らとの楽しい飲み会をオール ジンジャーエールで過ごすこととなった。
何とも口惜しい。

7人のうちの4人は、マツコ・デラックスさんのようにアルコールを飲んでいた(笑)。
その飲みっぷりは気持ちよかった。


後半は、皆で山手線ゲームをするなど、盛り上がったが、
いかんせんジンジャーエールな私は、今一つのれない。
悔しい。

飲むとオラオラ状態になるゼミ生もいて、私も飲んで彼に絡みたかったなあ!!!
posted by H.A at 20:24| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。